ギターショップアウラ
ようこそ ゲスト さま
会員登録 ログイン カート お気に入り
英語版カタログ
ギターサロン
アウラ音楽院
アクセス
お問い合わせ
トップ > ギターカテゴリー > 輸入クラシック 中古
輸入クラシック 中古   写真をクリックするとさらに大きなカタログ写真が表示されます。
製作家/商品名 アントニオ・マリン・モンテロ Antonio Marin Montero
品番 Number ブーシェモデル No.773
001_001_amarin_1_01_194_773
弦長 Scale Length 650mm
国 Country スペイン Spain
製作年 Year 1994年
表板 Top スプルース単板 spruce
裏板 Back & Sides 中南米ローズ単板 South American rosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕
1933年スペイン、グラナダ生まれ。家具職人として出発し、のちに同地の製作家エドゥアルド・フェレールの工房に入り製作を学びます。同工房出身のマヌエル・ベジードとともに共同の工房を立ち上げ、まずはキャリアをスタートさせます。その後独立し製作家としての評価も高めてゆきますが、1970年代後半にある日本人発明家の紹介でブーショとの知遇を得て、その作風を大きく変化させていきました。音響と造作の両方に於いて、その芸術的な高みに達したギターはグラナダを代表する名品として現在不動の評価を得るに至っています。また氏の人柄を慕って現在では世界中から若き才能がグラナダに集まるようになり、氏の名前を冠した国際製作コンクールが開催されるようになりました。現在も甥のホセ・マリンらと現役で製作を続ける、最長老の一人。

〔楽器情報〕
1977年にロベール・ブーシェとの邂逅のあと、自身のそれまでのモデルを発展進化させて完成したモデルで、いわゆるブーシェモデル(Modelo B)と呼ばれるもの。現在はこれがマリンの標準仕様モデルとなっています。
表面板高音側下部に6㎝程の割れと表面板駒脇左右に割れ補修がありますが、適切な修理が施されており問題無い状態です。ボディ全面にアルベルト・ネジメ氏によりセラックニスでの上塗りが施されており、傷少なく綺麗な状態です。ネック反りなく弦高弾き易く調整されています。
定価(税込) : 2,160,000 円 販売価格(税込) :  1,080,000 円
注文数 :   

製作家/商品名 パコ・サンチャゴ・マリン  Paco Santiago Marin
品番 Number
001_001_smarin_4_02_205
弦長 Scale Length 640mm
国 Country スペイン Spain
製作年 Year 2005年
表板 Top スプルース単板 spruce
裏板 Back & Sides 中南米ローズ単板 South American rosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕
1946年スぺインのグラナダに生まれる。家具職人であった父親のFrancisco Santiago Olivaのもとで12歳から修業を始める。1963年から叔父のアントニオ・マリンの工房でギター製作技術を学ぶ。父親のもとでは家具職人としての仕事にのみ従事していたが、これを機にギター職人として身を立てることを決意し1973年に独立、同地グラナダに工房を構え、現在は息子のルイス・サンチャゴ・エルナンデス(1969~)と一緒に製作している。1985年グラナダ、1993年のハエン、1995年のバルセロナの3つの国際ギター製作コンクールで第1位となっている。ギタリストからの評価も高く、レオ・ブローウェル、デビッド・ラッセル、マリア・エステル・グスマン、コンラド・ラゴスニック、リカルド・ガレン等が彼の楽器を使用している。

〔楽器情報〕
表面板に弾き傷等がありますが割れなく全面セラック塗装の良好な状態です。
ネック良好で弦高弾き易く調整されています。
グラナダの楽器らしい明るく少し乾いた明確な音質でバランス、伸びとも良く鳴っています。



定価(税込) : お問い合わせ下さい。 販売価格(税込) :  734,400 円

製作家/商品名 パコ・サンチャゴ・マリン  Paco Santiago Marin
品番 Number 40周年記念モデル 40th Anniversary
001_001_smarin_4_02_212
弦長 Scale Length 650mm
国 Country スペイン Spain
製作年 Year 2012年
表板 Top 杉単板 Cedar
裏板 Back & Sides ローズウッド単板 Indian rosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕
1948年9月15日、スぺインのグラナダに生まれる。16歳から11年間、叔父のアントニオ・マリンの工房でギター製作技術を学び習得した。
1973年に独立、グラナダに工房を構える。現在は息子のルイス・ミゲール・サンチャゴ・マリンと一緒に製作している。1985年グラナダ、1993年のハエン、1995年のバルセロナの3つの国際ギター製作コンクールで第1位となっている。
彼の楽器を使用したギタリストには、レオ・ブローウェル、デビッド・ラッセル、マリア・エステル・グスマン、コンラド・ラゴスニック、リカルド・ガレン等がいる。

〔楽器情報〕
氏の製作40周年を記念して製作されたモデルです。通常モデルでは全面セラック塗装仕様となっていますが、本作では横裏板にラッカー、表面板に艶消しのオイルフィニッシュを採用し、コンサート環境における現代のニーズを強く意識したものとも言えます。もともと豊かな鳴りが特徴のギターを作り続けていますが、表面板を杉にすることによってさらにその特徴を顕著なものとしています。オイルフィニッシュならではの音の反応性、やや乾いた温かみのある音色がもう一つの魅力となっており、杉材の楽器をお探しの方にはお勧めの一本。傷は殆どなく全体に良好な状態です。ネッ等も問題無く演奏性に関わる部分での問題もありません。

商談中 定価(税込) : お問い合わせ下さい。 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。

製作家/商品名 マヌエル・カセレス Manuel Caceres
品番 Number パラ・カサ・アルカンヘル
001_003_caceres_1_01_183
弦長 Scale Length 650mm
国 Country スペイン
製作年 Year 1983年
表板 Top スプルース単板  spruce
裏板 Back & Sides ローズウッド単板 Indian rosewood 
備考 Notes 〔製作家情報〕
1947年スペインのバダホス県生まれ。13才の時からラミレス工房にて仕事を始め、一時家族の都合でドイツに移住。
帰国後に再びラミレス工房に戻り、1964年からは製作を任される様になりました。当時の彼の楽器は今でもMCスタンプのラミレスとして高い評価を得ています。
1978年には名工アルカンヘル・フェルナンデスのアドバイスを得て独立し、自らの工房をマドリッドに設立。
多くの有名ギタリストが使用する楽器として名声を高めメキシコ、キューバ、プエルトリコ等では製作マスターコースを行い後進の指導にも力を入れています。
その後1999年より13年間に渡りアルカンヘルの仕事を手伝い、その影響化、徐々に独自の作風を確立して行きました。現在はアルカンヘルの引退に伴い、唯一の後継者として製作に励んでいます。

[楽器情報]
本作はラミレス工房での充実した仕事のあと独立してから間もない時期のもの。若き日の作ながら、ここにはすでにマドリッドのギターの良き特徴が無理なく、非常に高いレベルで達成されており、しかもとても弾きやすく設定されている、何とも素晴らしいギターになっています。
表面板を中心に傷、擦れなどありますが、オリジナル塗装の状態です。ネック反りなく弦高弾きやすく調整されています。明るく明確な伸びの良い音質です。
定価(税込) : お問い合わせ下さい。 販売価格(税込) :  648,000 円

製作家/商品名 マヌエル・カセレス Manuel Caceres
品番 Number アルカンヘルモデル No.101
001_003_caceres_1_01_211
弦長 Scale Length 650mm
国 Country スペイン Spain
製作年 Year 2011年
表板 Top スプルース単板 Spruce
裏板 Back & Sides 中南米ローズ単板 South American rosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕
1947年スペイン、バダホス生まれ。1963年にホセ・ラミレス3世の工房に入り、当時の職工長であったパウリーノ・ベルナベのもと研鑽を積みながら、やがてMCのスタンプで製作を許されるようになります(当時のラミレス最上位モデルである1A のMCスタンプ は現在も中古市場で人気の楽器となっています)。1978年にラミレス工房を出た後に独立し、同時期よりアルカンヘル・フェルナンデスとの共同作業的な親交が始まります。これがカセレスのギター製作に大きな影響を与えることになり、アルカンヘルが引退した後その唯一直系の製作家として人気を博していましたが、2018年に工房を閉鎖し一旦引退。現在はわずかに受注での製作のみとなっており、新作が貴重なブランドとなっています。

[楽器情報]
アウラオリジナルモデルとして製作された「アルカンヘル」モデル第一作目。アルカンヘルギターを踏襲した5本の扇状力木をハノ字型に胴底で受け止める配置を採用。ボディにはアルカンヘルと共同で厳選した最高級材を使用し、スペイン随一と言われるほど良質な材の選定とストックにおいて抜きん出ていたこの工房ならではの見事なクオリティです。口輪はこのモデルのために用意されたオリジナルデザイン。糸巻きはゴトーの510モデルに交換されています。傷は少し有りますが割れ等の修理履歴はなく、セラックニス仕上げの楽器としては製作年代考慮すると綺麗な状態と言えます。ネック、フレット等演奏性に関わる部分も問題ございません。2000年以降現在までの彼の作風は極めて円満なマドリッドサウンドとも言えるもので、明朗かつ重厚、適度な張りと艶のある音色で、バランスや分離に優れており、そうした特徴を十全に備えたこの楽器は、まさに彼のフラッグシップモデルと呼ぶに相応しい作品となっています。
定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。

製作家/商品名 ジョン・レイ  John Ray
品番 Number トーレスモデル #152T
001_003_JRay_1_01_212
弦長 Scale Length 650mm
国 Country スペイン Spain
製作年 Year 2012年
表板 Top スプルース単板 spruce
裏板 Back & Sides 楓 Maple
備考 Notes 〔製作家情報〕
カナダ出身で現在はスペインのグラナダで製作している。伝統工法に忠実で研究心旺盛な製作家。彼は1989年に訪西、マラガにてホセ・アンヘル・チャコンの指導を受けた後にグラナダをに居を構え、アントニオ・マリンやロルフ・アイヒンガ―の指導を受けて現地で工房を設立。その後2006年に彼の製作過程の写真集[EL ARTE DELA GUITARRA]を刊行、また2007年にはコルドバで開催されたアントニオ・デ・トーレスの展示会にて、1892年(SE153)の復元モデルを発表し、高い評価を得ている。

〔楽器情報〕
1847年作のアントニオ・デ・ロルカのモデルで高い評価を得た彼が、トーレスの所有者のカルロス・トレパットより楽器を借り受けて挑んだ意欲的な作品。
横裏板の美しいフレイムメイプルと豪奢なロゼッタとの対比が美しく、外観においてもトーレスならではの魅力にあふれた一本です。メイプルならではの古雅で落ち着いた音色と、薄型のボディながら十分に深みのある響きも特筆すべきでしょう。
表面板とネック裏に細かい爪傷等多数ありますが、オリジナル塗装で悪くない外観です。ネックは少し順反りの傾向がありますが、弦高弾きやすく調整され、演奏には問題ない状態です。
薄い胴厚ながら音量があり、明るくトーレスモデルらしい魅力的な楽器です。

定価(税込) : 2,052,000 円 販売価格(税込) :  734,400 円
注文数 :   

製作家/商品名 ジョン・レイ John Ray
品番 Number トーレスモデル
001_003_JRay_1_01_214
弦長 Scale Length 650mm
国 Country スペイン Spain
製作年 Year 2014年
表板 Top スプルース単板 spruce
裏板 Back & Sides 楓 Maple
備考 Notes 〔製作家情報〕
カナダ出身で現在はスペインのグラナダで製作している。伝統工法に忠実で研究心旺盛な製作家。彼は1989年に訪西、マラガにてホセ・アンヘル・チャコンの指導を受けた後にグラナダをに居を構え、アントニオ・マリンやロルフ・アイヒンガ―の指導を受けて現地で工房を設立。その後2006年に彼の製作過程の写真集[EL ARTE DELA GUITARRA]を刊行、また2007年にはコルドバで開催されたアントニオ・デ・トーレスの展示会にて、1892年(SE153)の復元モデルを発表し、高い評価を得ている。

〔楽器情報〕
1847年作のアントニオ・デ・ロルカのモデルで高い評価を得た彼が、トーレスの所有者のカルロス・トレパットより楽器を借り受けて挑んだ意欲的な作品。
横裏板の美しいフレイムメイプルと豪奢なロゼッタとの対比が美しい、外観においてもトーレスならではの魅力にあふれた一本です。メイプルならではの古雅で落ち着いた音色と、やや薄型のボディながら十分に深みのある響きも特筆すべきでしょう。
傷少しでオリジナル塗装の状態です。ネック良好で弦高弾きやすく調整されています。
モデルのトーレスと同様に薄い胴厚ながら音量があり、トーレスモデルらしい音質の魅力的な楽器です。

入荷時に発生した表面板指板脇の割れを補修してあります。

[動画]
アリオーソ BWV.156より(J.S.バッハ) 

定価(税込) : お問い合わせ下さい。 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。

製作家/商品名 ヘルマン・ハウザー3世 Herman Hauser III
品番 Number セゴビアモデル No.77
001_017_hauser_3_03_182
弦長 Scale Length 647mm
国 Country ドイツ Germany
製作年 Year 1982年
表板 Top スプルース単板 spruce
裏板 Back & Sides ローズウッド単板 Indian rosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕
ヘルマン・ハウザーI世(1884-1952)はリョベートのアントニオ・トーレスとセゴビアのマヌエル・ラミレスをベースに名器を製作した事は良く知られていす。
その技術はII世(1911-1988)受け継がれ、現在は1958年生まれのIII世に受け継がれ愛好家垂涎の的と言うべき楽器の製作が続けられています。

〔楽器情報〕
ドイツ、ライスバッハの地に工房を構えるヘルマン・ハウザー3世(1958~)製作の「セゴビア」モデル、1982年製です。
彼の祖父ハウザー1世(1882~1952)と名手アンドレス・セゴビアとの邂逅により生まれた至高のモデルを、高いクオリティで現代においても維持し続けている3世の業績は、素晴らしいものと言えるでしょう。
響きはドイツならではの硬質さと適度な粘りをもち、雑味が無く、渋いながらも色彩があります。
各弦の分離、和音での清澄さは比類がなく、全体のバランスも見事。ネック、ボディともにややコンパクトな印象があり、また弦の張りも中庸なので日本人にも弾きやすいのが嬉しいところ。

少々傷はございますが、オリジナル塗装の状態です。ネック良好で弦高弾き易く調整されています。
ハウザーらしく低音重厚で高音引き締まった透明な音質です。

定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  1,728,000 円

製作家/商品名 ヘルマン・ハウザー3世 Herman Hauser III
品番 Number セゴビアモデル No.571
001_017_hauser_3_03_205
弦長 Scale Length 647mm
国 Country ドイツ Germany
製作年 Year 2005年
表板 Top スプルース単板 spruce
裏板 Back & Sides 中南米ローズ単板 South American rosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕
20世紀ドイツ最高ギターブランドであり、現在も4代目がその伝統を継承し製作を続けている老舗。ヘルマン・ハウザーI世(1884-1952)が、ミゲル・リョベートが所有していたアントニオ・トーレスとアンドレス・セゴビアのマヌエル・ラミレスをベースにして自身のギターを改良し、後に「セゴビアモデル」と呼ばれることになる稀代の名モデルを製作した事は良く知られています。それはトーレスがギターの改革を行って以降の最大のギター製作史における事件となり、その後のギター演奏と製作との両方に大きな影響を与えることになります。1世が成し遂げた技術的な偉業は2世(1911-1988)、更に1958年生まれの3世に受け継がれ、それぞれが独特の個性を放ちつつ、このブランドならではの音色と驚異的な造作精度を維持したギターづくりを現在も続けています。1世はいまやトーレスと並ぶほどの高値がオークションではつけられ、1世のニュアンスにドイツ的な要素を加味した2世の作品もまたヴィンテージギター市場では高額で取引されています。3世はますますその工作精度に磨きをかけながら、長女のカトリン・ハウザーとともに現在も旺盛に製作を続けています。

〔楽器情報〕
ヘルマン・ハウザー3世(1958~)製作の「セゴビア」モデル、2005年製です。
まさにこのブランドの定番。1世が完成させたモデルをオリジナルの型とハウザー家に代々受け継がれてきた良質な材を使用して製作されたまさに正統の一本。3世は1世2世が色濃く持っていたスペイン的なニュアンスをよりドイツ的な感覚のほうに引き寄せ、その響きは透徹を極め、比類のバランスで完成されたものとなっています。その完成度の高さゆえ、非常にクラシカルな雰囲気を持ちつつも、意外にもそのユーザー層は多岐にわたっていることから、走者によってのその可能性が開示されてゆくようなギターとも言えます。

傷はごくわずかでオリジナル塗装の良好な状態です。ネック、フレット等演奏性に関わる部分も問題ありません。

定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  3,024,000 円

製作家/商品名 ヘルマン・ハウザー3世 Herman Hauser III
品番 Number セゴビアモデル No.599
001_017_hauser_3_03_206
弦長 Scale Length 647mm
国 Country ドイツ Germany
製作年 Year 2006年
表板 Top スプルース単板 spruce
裏板 Back & Sides 楓 Maple
備考 Notes 〔製作家情報〕
20世紀ドイツ最高ギターブランドであり、現在も4代目がその伝統を継承し製作を続けている老舗。ヘルマン・ハウザーI世(1884-1952)が、ミゲル・リョベートが所有していたアントニオ・トーレスとアンドレス・セゴビアのマヌエル・ラミレスをベースにして自身のギターを改良し、後に「セゴビアモデル」と呼ばれることになる稀代の名モデルを製作した事は良く知られています。それはトーレスがギターの改革を行って以降の最大のギター製作史における事件となり、その後のギター演奏と製作との両方に大きな影響を与えることになります。1世が成し遂げた技術的な偉業は2世(1911-1988)、更に1958年生まれの3世に受け継がれ、それぞれが独特の個性を放ちつつ、このブランドならではの音色と驚異的な造作精度を維持したギターづくりを現在も続けています。1世はいまやトーレスと並ぶほどの高値がオークションではつけられ、1世のニュアンスにドイツ的な要素を加味した2世の作品もまたヴィンテージギター市場では高額で取引されています。3世はますますその工作精度に磨きをかけながら、長女のカトリン・ハウザーとともに現在も旺盛に製作を続けています。

〔楽器情報〕
ドイツ、ライスバッハの地に工房を構えるヘルマン・ハウザー3世(1958~)製作の「セゴビア」モデル、2006年製の数少ない横裏板が楓材の作品です。ハウザーの工房には祖父の1世の時代からストックしていた最高品質の良材が現在も潤沢にあり、そのクオリティの高さは専門家からさえも垂涎の的となるほど。メイプル材もそうした目録に多く含まれており、今作はそうしたハウザー秘蔵の材をセレクトして製作された気品あふれるモデルです。

響きはドイツならではの硬質さと適度な粘りをもち、雑味が無く、渋いながらも色彩があります。各弦の分離、和音での清澄さは比類がなく、全体のバランスも見事。楓材特有の上品で古雅なニュアンスが素晴らしく。ルネッサンス、バロック、古典派の楽曲を好まれる方にはおすすめしたい一本です。

ネック、ボディともにややコンパクトな印象があり、また弦の張りも中庸なので日本人にも弾きやすいのが嬉しいところ。傷は殆どなくオリジナル塗装の良好な状態です。割れ等の修理履歴もございません。ネック状態良好で弦高は弾き易く調整されています。


定価(税込) : お問い合わせ下さい。 販売価格(税込) :  3,780,000 円


株式会社アウラ
〒110-0004
 東京都台東区下谷
 3-3-5アズール上野2F

TEL 03-3876-7207
FAX 03-3876-7206
営業時間 11:00-19:00
 (定休日:毎週水曜日)