ギターショップアウラ
ようこそ ゲスト さま
会員登録 ログイン カート お気に入り
英語版カタログ
ギターサロン
アウラ音楽院
アクセス
お問い合わせ
トップ > ギターカテゴリー > 国産クラシック オールド
国産クラシック オールド   写真をクリックするとさらに大きなカタログ写真が表示されます。
製作家/商品名 中出 敏彦 Toshihiko Nakade演奏動画あり
モデル/品番 Model/No. No2000SS
005_11_nakadeT_02_175
弦長 Scale Length 656mm
国 Country 日本
製作年 Year 1975年
表板 Top 松単板 Spruce
横裏板 Back & Sides 中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
付属品 Option ハードケース黒
備考 Notes
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:カシュー
糸 巻:ヘフナー
弦 高:1弦 2.3mm/6弦 2.6mm

〔製作家情報〕
1932年東京生まれ。ジャパンヴィンテージの筆頭格として河野賢と共に名の挙がる中出阪蔵(1906~1993)の次男。父の教えのもと16歳よりヴァイオリンとギターの製作を開始し、5年後にはギター製作に専心するようになります。1960年には自身の独立した工房を開設し、オリジナルラベルでの製作を開始。その後1968年にはスペインに渡り、マドリッドの製作家エルナンデス・イ・アグアドの工房に入門。この名工からの影響が決定的となり、自身のその後の製作哲学を明確に方向づけられることとなります。外観的な意匠や楽器構造、音色的な特徴においてその影響は如実に表れており、そこに氏独自の個性を注ぎ込んだ楽器はその勇壮な鳴りと豊かな表情とで人気を博します。

80歳を越えた後も製作は衰えず、中級者用のすぐれたミドルクラスから、国内製作家としては最高値となる250万を越えるハイスペックモデルまで、一貫して細かな部分まで手の行き届いた高品質を維持して出荷を続けてきた、そのブランドとしての気位の高さはやはり敬服に値するものでしょう。邦人製作家の最長老として、近年は限定的ながらも製作を続けていましたが、豊富なストックを誇っていた木材を昨年全て使い終わったところで製作を引退。スペイン的なニュアンスを感じさせる国内ブランドの代表格としての地位を揺るぎないもにしてきた氏のギターは、近年は父阪蔵氏と並び、海外でも人気の高まっているアイテムとなっています。同じギター製作家(現在は引退)の中出輝明氏は兄、中出幸雄氏は弟、また中出六太郎氏は叔父になります。

〔楽器情報〕
中出敏彦氏製作のモデル No.2000SS 1975年製Used入荷致しました。
スペイン渡航からの帰国後の作で、モデル設定は父である中出阪蔵のカタログに則ったもので、発売当時ミドルクラスに位置するモデルとして人気を博しました。敏彦氏が直接教えを受けたエルナンデス・イ・アグアドの影響を色濃く受けており、特に力木配置において顕著。サウンドホール上下一本ずつのハーモニックバーとサウンドホール真下のところから高音側横板に向かって斜めに設置されたトレブルバー、7本の扇状力木にボトム部のハの字型2本のクロージングバー、駒板位置にはパッチ板が貼られています。レゾナンスはG#~Aに設定されています。

ここでは敏彦氏の音響エッセンスが既に完成されており、芯が強くやや丸みを帯びた音像。奥行きのある響きの中にBassとしてのどっしりとした低音と歌う高音との対比が現れ、表情は渋いながらも十分に変化に富み、彼なりに咀嚼したスパニッシュサウンドをしっかりと体現しています。

全体に若干の弾き傷打痕等あり、ブリッジ下3弦位置には弦飛びあとがあります。その他表面板は下部高音側に10センチ程の割れ、ボトム部に2か所数センチの割れ補修履歴あります。横裏板は衣服の摩擦跡等ありますが比較的綺麗な状態。ネックはほぼ真直ぐを維持しており、フレットも適正値。糸巻はヘフナー製を装着。ヘッドプレートはアグアドデザインではなく彫刻をあしらったこのブランドとしては珍しいもの。






新入荷 定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  187,000 円
注文数 :   

製作家/商品名 中出 敏彦  Toshihiko Nakade演奏動画あり
モデル/品番 Model/No. Master 120
005_11_nakadeT_02_203
弦長 Scale Length 645mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 2003年
表板 Top 松単板 Spruce
横裏板 Back & Sides 中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
付属品 Option オリジナルハードケース
備考 Notes
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:表板:セラックニス/横裏板:カシュー
糸 巻:フステーロ
弦 高:1弦:2.8 mm/6弦:3.8 mm

〔製作家情報〕
1932年東京生まれ。ジャパンヴィンテージの筆頭格として河野賢と共に名の挙がる中出阪蔵(1906~1993)の次男。父の教えのもと16歳よりヴァイオリンとギターの製作を開始し、5年後にはギター製作に専心するようになります。1960年には自身の独立した工房を開設し、オリジナルラベルでの製作を開始。その後1968年にはスペインに渡り、マドリッドの製作家エルナンデス・イ・アグアドの工房に入門。この名工からの影響が決定的となり、自身のその後の製作哲学を明確に方向づけられることとなります。外観的な意匠や楽器構造、音色的な特徴においてその影響は如実に表れており、そこに氏独自の個性を注ぎ込んだ楽器はその勇壮な鳴りと豊かな表情とで人気を博します。

80歳を越えたあとも邦人製作家の最長老として限定的ながらも製作を続け、スペイン的なニュアンスを濃密に感じさせる国内ブランドの代表格となっていましたが、昨年最後の一本を出荷し引退。近年は父阪蔵氏と並んで海外でも人気の高まっているブランドです。同じギター製作家(現在は引退)の中出輝明氏は兄、中出幸雄氏は弟、また中出六太郎氏は叔父になります。

〔楽器情報〕
中出敏彦氏製作のハイエンドモデルMaster120 2003年製Usedが入荷致しました。
エルナンデス・イ・アグアドのコピーモデルである「AGUADO」モデルと並び、このブランドの最上位機種の一つ。内部構造はサウンドホール上下に1本ずつのハーモニックバー、そのうち下側のほうのバーの中央部分から高音側横板に向かって斜めに伸びてゆくトレブルバー、そして6本の扇状力木が表面板センターに配された1本を境として高音側に2本、低音側に3本設置されており、それらの先端をボトム部で受けとめる2本のハの字型クロージングバー、またちょうど駒板の位置には同じ横幅でパッチ板が貼られているという構造で、これはアグアドのギターを踏襲した配置と言えます。レゾナンスはG#の少し上に設定。

AGUADOモデルでも言えることですが、スペイン的音色のニュアンスを高い次元において見極めそして達成している、その製作家としての力量はやはり国内製作家の中でも稀有なものであり、ギターという楽器として名品にも比べることの出来る確かなアイデンティティを持つに至っています。同ブランドのエントリーからミドルクラスに位置づけられるMaster35~60などではむしろ豪放でたっぷりとした鳴りを備えていたのに対し、ハイエンドモデルとなる本作では程よい粘りをもった雑味の無い渋い響き。音色はちょうどよい艶やかさと、タッチに十全に反応する表情の変化を備えており、発音とサスティーンなど全てにおいて適切で、奏者の音楽性に寄り添うかのような感覚があります。あくまで慎ましい佇まいの中に深い音楽性を感じさせる音響はさすがに国内最高のブランドの矜持を感じさせる仕上がり。

表面板全体に若干の細かな弾き傷、スクラッチ、打痕等があり、横裏板は演奏時の衣服の摩擦等がほんの少しありますが割れなどの大きな修理履歴などはなく、経年考慮すると良好な状態です。ネックは真っすぐを維持しており、フレットの摩耗もありません。糸巻きはスペイン製のフステーロ フレタタイプを装着しており現状で機能性に問題はありません。ネックはやや薄目のフラットなDシェイプ加工。横裏板カシュー、表面板セラックのオリジナル塗装。アグアドを想起させるヘッドプレートとロゼッタの意匠も貫禄があり、外観全体に重厚な気品をたたえています。






定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。

製作家/商品名 廣瀬 達彦 Tatsuhiko Hirose
モデル/品番 Model/No. No.30 No.1135
005_hirose_03_186
弦長 Scale Length 650mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 1986年
表板 Top 松単板 Spruce
横裏板 Back & Sides 中南米ローズウッド South American Rosewood
付属品 Option
備考 Notes
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:セラック
糸 巻:シャーラー
弦 高:1弦 3.0mm/6弦 4.0mm


〔製作家情報〕
1940年名古屋生まれ。同じくギター製作家であった父博彦氏の薫陶を受け、親子二代に亘って完全手工による良質なギターを製作。父親は1930年代から製作を始めて1960年代まで続け、その後を達彦氏が受け継ぎます。ラベルには親子2人の名前がプリントされ、H.T.HIROSE と表示されていた時期もあります。達彦氏はハウザーモデル、ブーシェモデルのほか国内では珍しい、完成度の高い10弦、11弦などの楽器も製作。

〔楽器情報〕
廣瀬達彦 1986年製作のモデルNo.30(#1135)中古の入荷です。表面板は全体にセラックによる再塗装が施され、細かな弾き傷や打痕等の補修がされています。また指板脇高音側に一ヵ所、ボディ下部高音側の膨らみの部分に一ヵ所割れ補修履歴があり、内側よりパッチ板により補強がされています。裏板には割れ補修が3箇所あり、一部パッチ補強が施されています。いずれも丁寧な補修がされており、外観上また使用上の問題はありません。横裏板はほかは傷僅かで綺麗な状態です。

弾き易く、まろやかな響きが耳に心地よい一本で、後にハウザーギターへの傾倒を見せてゆく時期の硬い響きとは明らかに一線を画すもので、音色と演奏性の両方で馴染みやすく、初心者の方にもおすすめのギターです。内部構造は左右対称の7本の扇状力木でセンターの一本を除いて両側の各3本にクロージングバーが配されており、駒下位置にはこの7本の幅いっぱいまでトランスヴァースバーが配置されている構造。レゾナンスはG#の少し下に設定されています。糸巻きはシャーラー製。


定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  198,000 円
注文数 :   

製作家/商品名 廣瀬 達彦 Tatsuhiko Hirose
モデル/品番 Model/No. No.30 #1824
005_hirose_03_203_02
弦長 Scale Length 650mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 2003年
表板 Top 松単板 Spruce
横裏板 Back & Sides ローズウッド単板 Indian Rosewood
付属品 Option 軽量ケース
備考 Notes
ネック:マホガニー
指 板:エボニー
塗 装:表板:ポリウレタン /横裏板:ポリウレタン
糸 巻:ゴトー
弦 高:1弦 2.4mm/6弦 2.7mm

〔製作家情報〕
1940年名古屋生まれ。同じくギター製作家であった父博彦氏の薫陶を受け、親子二代に亘って完全手工による良質なギターを製作。父親は1930年代から製作を始めて1960年代まで続け、その後を達彦氏が受け継ぎます。ラベルには親子2人の名前がプリントされ、H.T.HIROSE と表示されていた時期もあります。達彦氏はハウザーモデル、ブーシェモデルのほか国内では珍しい、完成度の高い10弦、11弦などの楽器も製作。

〔楽器情報〕
2003年製作のNo.30モデルで、フランスの稀代の名工ロベール・ブーシェのギターを基に作られています。外観的にはヘッドシェイプにその特徴が表れていますが、内部構造ではブリッジ真下部分のトランスバースバーの配置、そして7本の左右対称の扇状力木(いちばん外側に配置された低音側高音側のそれぞれ1本はサウンドホール下側のハーモニックバーに設けられた数センチの開口部をトンネル状に貫通してサウンドホール縁まで延伸している)構造にブーシェの影響が如実に表れています。もともとブーシェ的構造に興味を持ち、初期のモデルでは氏独自の実験的な試みもしていましたが、本作ではオーソドックスなブーシェタイプともいえるものに回帰しています。力強くストレスのない鳴りは初心者の方から誰でも無理なく弾くことができ、全体のバランスや音色も含め不足のない仕上がり。

表面板に数か所微細に傷がありますが、他全体的にほとんど傷なくとてもきれいな状態です。また割れ等の修理履歴もありません。ネック、フレット等演奏性に関わる部分でも問題ありません。さらに弾き込んでゆくことでこれからの変化が楽しめる一本です。

新入荷 定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  137,500 円
注文数 :   

製作家/商品名 小森 廣 Hiroshi Komori
モデル/品番 Model/No. EX
005_komoriH_03_195
弦長 Scale Length 652mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 1995年
表板 Top 杉単板 ceder
横裏板 Back & Sides ローズウッド単板 Indian Rosewood
付属品 Option ハードケース黄緑
備考 Notes
ネック:マホガニー
指 板:エボニー
塗 装:ポリウレタン
糸 巻:ゴトー
弦 高:1弦 2.7 mm/6弦 3.9 mm

[製作家情報]
1931年北海道生まれ。早くから木材とその加工に興味を覚え、10代のころには大工職人を志すなどしています。林野庁に10年勤務した後、楽器と木工細工への深い思いから、1964年に東京の河野賢工房に修行のため入所します。ここで8年間従事したのち1973年には埼玉県に独立して工房を立ち上げます。1991年故郷北海道に戻り工房を継続。

北海道という土地で自然からじかに木材の性質を学び、また常にそれらにかかわる仕事に従事してきたその経験値の高さから、やはり使用材へのこだわりは並みならぬものがあり、すべて最低10年以上自然乾燥させた材のみを使用。そして職人技ともいえる造作精度の高さ、さらには音楽への愛情に裏付けられた楽器は木の味わいを活かしたどっしりと重厚な味わいと貫録を有したものとなっており、メディアへの派手な打ち出しなどとは無縁なだけ、じっくりとファンを増やし続けました。また氏は国内で唯一のチター製作者としても知られています。


[楽器情報]
小森廣 1995年製 モデルEX Usedの入荷です。このブランドとしてはエントリーに位置づけられるモデルですが、造りや音響設定には小森氏の配慮が行き届いており、十全の仕上がり。内部構造もいわゆるスペイン的なスタイルではなく師である河野賢の影響を色濃く受けた力木配置(木目に沿って平行に配置された力木と数本のバーとが直角に交わるように構成されたスクエアな設計)を採用しています。レゾナンスはG#に設定されています。

しっかりと弾き込まれており、表面板のサウンドホール周りには弾き傷が多くあります。低音側の指板脇きには割れ修理歴あり。ネック裏や横裏板塗装全体にやや白色への変化が見られますが外観を損ねるほどではありません。ネックは真っすぐを維持しており、フレットはほんの若干の摩耗ありますが現状で演奏性に問題ありません。ネックシェイプはスクエアに近いややがっしりした感触のDシェイプ。太めの音でヴォリュームも豊かに鳴り、円満に楽しめるエントリーモデルとなっています。

新入荷 定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  110,000 円
注文数 :   

製作家/商品名 野辺 正二 Masaji Nobe演奏動画あり
モデル/品番 Model/No.
005_masajiN_03_163
弦長 Scale Length 654mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 1963年
表板 Top 松単板 Spruce
横裏板 Back & Sides ローズウッド単板 Indian rosewood
付属品 Option 軽量ケース黒
備考 Notes
ネック:マホガニー
指 板:ローズウッド
塗 装:カシュー
糸 巻:単式
弦 高:1弦  3.3 mm/6弦 4.0 mm

〔製作家情報〕
1935年生まれ。東京の指物職人であった父野辺幾衛がその技術を生かしギターの修理をする事から野辺ギター工房は始まります。1965年に独立し自身の工房をスタート。江戸指物師の流れを汲む家系らしく良質な木材の選定と高い工作技術、意匠のセンスと味わい深い外観の仕上がりなどが特徴です。音色もそのたたずまい同様に渋く滋味深いもので、スペインギターを基本としながらも華やかさとは一線を画した、まさにいぶし銀のような味わいを持ったものとして他にはない個性を持っています。

同様にギターを製作した野辺邦治は兄にあたります。生涯現役で良質なギターを製作し続けましたが、2004年に死去。現在は息子の野辺雅史氏が父の工房を引継ぎ、彼の残した工具やストック材を使用してブランドを存続しています。またもう一人の息子野辺成一氏も独立して自身の工房を立ち上げ、クラシックギター製作のほか古楽器の修理やアンティーク家具の販売をおこなうショップを経営しています。

〔楽器情報〕
野辺正二1963年製オールドの入荷です。独立して工房を立ち上げる前のモデルで、その後の野辺氏のギターとは異なる、純粋にスパニッシュヴィンテージ的な響きを希求していた時期のもの。力木配置はほぼ平行に(表面板の木目に沿うように)配置された5本の力木と、一番外側に駒板脇に設置された短い力木の合計7本で、これはサントス・エルナンデスまたはマルセロ・バルベロ1世の配置を直ちに想起させるもの。発音にも粘りがあり、素朴な明るい音ですが、まろやかな音像は後年の野辺氏のギターの萌芽を感じ取ることが出来ます。レゾナンスはGの少し上に設定されています。

全体に弾き傷、細かな打痕、スクラッチ跡等あります。表面板は指板脇とロゼッタ縁に補修履歴があるほか、おそらく表面全体を一度再塗装し傷を補修した履歴がございます。ネックはほぼ真っすぐを維持しており、フレットも適正値です。指板は1~4Fで若干の摩耗が見られますが演奏性を損なうほどではありません。糸巻はヘフナー製の単式タイプを装着(④弦のみ国内メーカー品に交換済)。駒板のサドル装着部分は各弦ごとに切り込みを入れてサドルの下げ幅を確保するような加工が過去にされており、使用上は問題ありませんが、切り込みを入れた部分に塗装処置がされていないためやや目立ちます。

日本の名工、初期の佳品、味わい深い一本です。






新入荷 定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  187,000 円
注文数 :   

製作家/商品名 野辺 正二 Masaji Nobe
モデル/品番 Model/No. No.20
005_masajiN_03_184
弦長 Scale Length 650mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 1984年
表板 Top 松単板 Spruce
横裏板 Back & Sides ローズウッド単板 Indian rosewood
付属品 Option ハードケース
備考 Notes
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:カシュー
糸 巻:ゴトー
弦 高:1弦 3.2mm/6弦 3.8mm

〔製作家情報〕
1935年生まれ。東京の指物職人であった父野辺幾衛がその技術を生かしギターの修理をする事から野辺ギター工房は始まります。1965年に独立し自身の工房をスタート。江戸指物師の流れを汲む家系らしく良質な木材の選定と高い工作技術、意匠のセンスと味わい深い外観の仕上がりなどが特徴です。音色もそのたたずまい同様に渋く滋味深いもので、スペインギターを基本としながらも華やかさとは一線を画した、まさにいぶし銀のような味わいを持ったものとして他にはない個性を持っています。

同様にギターを製作した野辺邦治は兄にあたります。生涯現役で良質なギターを製作し続けましたが、2004年に死去。現在は息子の野辺雅史氏が父の工房を引継ぎ、彼の残した工具やストック材を使用してブランドを存続しています。またもう一人の息子野辺成一氏も独立して自身の工房を立ち上げ、クラシックギター製作のほか古楽器の修理やアンティーク家具の販売をおこなうショップを経営しています。

〔楽器情報〕
野辺正二 No.20 1984年製 No.20 Usedの入荷です。このブランドとしては珍しく全面カシュ―塗装のがっちりとした造りで仕上げられており、彼のハイスペックモデルでのあのいぶし銀のような滋味を湛えたモデルとは見た目の点でも音色の面でも異なり、より広いユーザーをターゲットにディストリビュートされたものでしょう。とはいえその構造的な工夫は非常に独特。長短計11本もの扇状力木を表面板下部にまんべんなく配置し、うち2本はサウンドホール下のハーモニックバーを貫通しネック側のハーモニックバーまで到達しています。また扇状力木の先端をボトム部で受け止める2本のクロージングバーは低音側を長く高音側を短くした「へ」の字型の仕様になっており、これは野辺氏のほかのモデルでも採用されています。レゾナンスはG#の少し下に設定されたいます。

どの音もしっかりとした、明るめの力強い響きで表情の変化にも不足なく、トータルに優れた一本。中低音~低音にかけての奥行き感は彼のハイスペックモデルを想起させるところもあり、この楽器の魅力の一つとなっています。

表面板サウンドホールまわりなどはやや弾き傷等多く見られますが年代相応のレベル。また小さな打痕や塗装のウェザーチェック、横裏板には演奏時のものによる微細な摩擦あと等があります。ネックはほぼ真直ぐでフレットも適正値を維持しています。ネックはこのブランドとしてはややがっしりした感触のDシェイプに加工。サドル調整余地が実寸で2mmほどありますのでさらに弦高調整が可能です。

新入荷 定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  220,000 円
注文数 :   


株式会社アウラ
〒110-0004
 東京都台東区下谷
 3-3-5アズール上野2F

TEL 03-3876-7207
FAX 03-3876-7206
営業時間 11:00-19:00
 (定休日:毎週水曜日)