ギターショップアウラ
ようこそ ゲスト さま
会員登録 ログイン カート お気に入り
英語版カタログ
ギターサロン
アウラ音楽院
アクセス
お問い合わせ
トップ > ギターカテゴリー > 国産クラシック オールド
国産クラシック オールド   写真をクリックするとさらに大きなカタログ写真が表示されます。
製作家/商品名 中出 敏彦 Toshihiko Nakade
モデル/品番 Model/No. マスター35 Master 35
005_11_nakadeT_02_207
弦長 Scale Length 650mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 2007年
表板 Top 松単板 Spruce
横裏板 Back & Sides ローズウッド単板 Indian rosewood
付属品 Option 軽量ケース
備考 Notes
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:セラックニス(表面板)、カシュー(横裏板)
糸 巻:ゴトー
弦 高:1弦 2.9mm/6弦 3.8mm


〔製作家情報〕
1932年東京生まれ。ジャパンヴィンテージの筆頭格として河野賢と共に名の挙がる中出阪蔵(1906~1993)の次男。父の教えのもと16歳よりヴァイオリンとギターの製作を開始し、5年後にはギター製作に専心するようになります。1960年には自身の独立した工房を開設し、オリジナルラベルでの製作を開始。その後1968年にはスペインに渡り、マドリッドの製作家エルナンデス・イ・アグアドの工房に入門。この名工からの影響が決定的となり、自身のその後の製作哲学を明確に方向づけられることとなります。外観的な意匠や楽器構造、音色的な特徴においてその影響は如実に表れており、そこに氏独自の個性を注ぎ込んだ楽器はその勇壮な鳴りと豊かな表情とで人気を博します。

80歳を越えたあとも邦人製作家の最長老として限定的ながらも製作を続け、スペイン的なニュアンスを濃密に感じさせる国内ブランドの代表格となっていましたが、昨年最後の一本を出荷し引退。近年は父阪蔵氏と並んで海外でも人気の高まっているブランドです。同じギター製作家(現在は引退)の中出輝明氏は兄、中出幸雄氏は弟、また中出六太郎氏は叔父になります。

〔楽器情報〕
中出敏彦 Master35 2007年製中古です。名工エルナンデス・イ・アグアドの直接の教えを受け、自身の楽器のデザインも含めその影響は随所に認められますが、豪放ともいえる男性的で豊かな鳴りが、まずはこの作家の製作の初期からの変わらぬ特徴と言えるでしょう。氏のギターはスパニッシュギター的な表情の豊かさと独特の温かみを備えており、それはこのブランドの入門ラインに位置づけられる当モデルでもしっかりと感じられます。内部構造は師アグアドを踏襲してか、サウンドホール下のハーモニックバー中心から高音側に斜めに伸びるもう一本のバー、その下に左右非対称の6本の力木がセンターの1本を境に高音側に2本、低音側に3本、そしてボトム部にはハの字型のクロージングバーという配置。ブリッジ下位置にはパッチ板があてられています。レゾナンスはG#に設定されています。横裏はカシュー塗装による仕上げ、製作から14年を経た楽器として、傷も少なく外観的にはとても良好です。また割れなどの修理履歴もなく、ネック、フレットなどの演奏性においても問題ありません。



新入荷 定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  198,000 円
注文数 :   

製作家/商品名 廣瀬 達彦 Tatsuhiko Hirose
モデル/品番 Model/No. No.30 No.1135
005_hirose_03_186
弦長 Scale Length 650mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 1986年
表板 Top 松単板 Spruce
横裏板 Back & Sides 中南米ローズウッド South American Rosewood
付属品 Option
備考 Notes
〔製作家情報〕
1940年名古屋生まれ。同じくギター製作家であった父博彦氏の薫陶を受け、親子二代に亘って完全手工による良質なギターを製作。父親は1930年代から製作を始めて1960年代まで続け、その後を達彦氏が受け継ぎます。ラベルには親子2人の名前がプリントされ、H.T.HIROSE と表示されていた時期もあります。達彦氏はハウザーモデル、ブーシェモデルのほか国内では珍しい、完成度の高い10弦、11弦などの楽器も製作。

〔楽器情報〕
廣瀬達彦 1986年製作のモデルNo.30(#1135)中古の入荷です。表面板は全体にセラックによる再塗装が施され、細かな弾き傷や打痕等の補修がされています。また指板脇高音側に一ヵ所、ボディ下部高音側の膨らみの部分に一ヵ所割れ補修履歴があり、内側よりパッチ板により補強がされています。裏板には割れ補修が3箇所あり、一部パッチ補強が施されています。いずれも丁寧な補修がされており、外観上また使用上の問題はありません。横裏板はほかは傷僅かで綺麗な状態です。

弾き易く、まろやかな響きが耳に心地よい一本で、後にハウザーギターへの傾倒を見せてゆく時期の硬い響きとは明らかに一線を画すもので、音色と演奏性の両方で馴染みやすく、初心者の方にもおすすめのギターです。内部構造は左右対称の7本の扇状力木でセンターの一本を除いて両側の各3本にクロージングバーが配されており、駒下位置にはこの7本の幅いっぱいまでトランスヴァースバーが配置されている構造。レゾナンスはG#の少し下に設定されています。糸巻きはシャーラー製。



定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  198,000 円
注文数 :   

製作家/商品名 野辺 正二 Masaji Nobe演奏動画あり
モデル/品番 Model/No.
005_masajiN_03_168
弦長 Scale Length 660mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 1968年
表板 Top 松単板 Spruce
横裏板 Back & Sides 中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
付属品 Option ハードケース黒
備考 Notes
ネック:マホガニー
指 板:エボニー
塗 装:表面板:セラック、横裏板:ポリウレタン
糸 巻:ヘフナー
弦 高:1弦 4.0mm/6弦 4.5mm

〔製作家情報〕
1935年生まれ。東京の指物職人であった父野辺幾衛がその技術を生かしギターの修理をする事から野辺ギター工房は始まります。1965年に独立し自身の工房をスタート。江戸指物師の流れを汲む家系らしく良質な木材の選定と高い工作技術、意匠のセンスと味わい深い外観の仕上がりなどが特徴です。音色もそのたたずまい同様に渋く滋味深いもので、スペインギターを基本としながらも華やかさとは一線を画した、まさにいぶし銀のような味わいを持ったものとして他にはない個性を持っています。

同様にギターを製作した野辺邦治は兄にあたります。生涯現役で良質なギターを製作し続けましたが、2004年に死去。現在は息子の野辺雅史氏が父の工房を引継ぎ、彼の残した工具やストック材を使用してブランドを存続しています。またもう一人の息子野辺成一氏も独立して自身の工房を立ち上げ、クラシックギター製作のほか古楽器の修理やアンティーク家具の販売をおこなうショップを経営しています。

〔楽器情報〕
野辺正二1968年製オールドの入荷です。 横裏板に良質な中南米産ローズウッドを使用した、当時このブランドのハイスペックモデルとして販売されたもの。マルセロ・バルベロを想起させるヘッドシェイプを始めとする全体のアンティーク家具のような滋味深く落ち着いた外観も野辺氏ならでは。そして松材ながらも太めのどっしりとした響きとまろやかな音像も既にこの時から特徴的に表れており、660mmスケール仕様ということで適度な張りが加味され、迫力ある響きが魅力の一本となっています。

内部構造はサウンドホール上下に一本ずつのハーモニックバーが配置され、そのうち下側のバーの中央(ちょうどサウンドホール真下の位置)から高音側に斜めに伸びてゆくもう一本のバー、そして7本の扇状力木と、駒板の位置にほぼ横幅いっぱいに渡って設置されたいわゆるトランスヴァースバーという全体の配置で、7本の扇状力木はトランスヴァースバーを貫通しボディボトム部まで伸びており、それらの先端を受け止めるように配置されるトーレス的なハの字型クロージングバーは設置されていません。これはフランスの名工ロベール・ブーシェの構造を思わせるところがあり、スペイン的な要素とうまく合わせて全体を配置しています。レゾナンスはGに設定。

全体に弾き傷(特に表面板サウンドホール周辺)、細かな打痕、スクラッチ跡等あります。また表面板は駒板の高音側に数センチの割れ補修履歴がありますが、適切な処置が施されており、使用には全く問題ございません。ネックはほんのわずかに順反りですが標準的な状態、フレットは1~5Fでやや摩耗が見られますがこちらも現状で演奏上の問題はございません。ネックは普通の厚みのDシェイプ加工で指板にはほんの少しラウンド加工が施され自然な握り心地。糸巻きはオリジナルのヘフナー製39mmピッチを装着、3弦のツマミがやや曲がった状態ですがギア部分は正常に作動しており、使用には問題ございません。








新入荷 定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  275,000 円
注文数 :   

製作家/商品名 中出 阪蔵 Sakazo Nakade
モデル/品番 Model/No. No.5000
012_nakadeS_02_181
弦長 Scale Length 650mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 1981年
表板 Top 松単板 Spruce
横裏板 Back & Sides 中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
付属品 Option ハードケース 茶
備考 Notes
Neck:セドロ
Fingerboard:エボニー
Finish:カシュー
Tuning Machine:後藤
String height:①弦 3.6mm ⑥弦 4.5mm

〔製作家情報〕
1906年三重県松坂市生まれ。1919年宮本金八の工房に弟子入りし、主に弦楽器の製作に従事。1929年にアンドレス・セゴビアが初来日をした際に宮本の指示でセゴビア使用のギターをコピーする機会を得て、ここからギター製作への本格的な移行が始まります。その後1933年に独立。戦争による疎開などで住まいを転々としながらも製作を続け、1950年代に巻き起こる空前のギターブームにのって生産数を飛躍的増加させ、1960年代までの最盛期は河野賢と並んで日本のギター製作界を支える存在になります。子息の輝明氏(長男)敏彦氏(二男)幸雄氏(三男)もギター製作家となり、それぞれ独立したブランドとしてその後の日本のギター製作界の中心を担う存在となってゆきます。井田英夫、稲葉征司、星野良充、田中俊彦、今井博水等多くの門下生を輩出し、大きな影響力を保ったまま1993年に87歳で亡くなりました。現在も中古市場では人気の高いアイテムとなっており、近年では海外からもジャパニーズヴィンテージを代表するブランドとして需要の高まりを見せています。

〔楽器情報〕
中出阪蔵製作 1981年製No.5000 中古です。当時のカタログではハイエンドモデルとして位置づけられていたもので、同じNo.5000でもいくつか展開されていたモデルのうち、いわゆる「イグナシオ・フレタモデル」として製作されたものになります。外観的には特にヘッドシェイプにその特徴が表れていますが、内部構造もほぼオリジナルに準拠した配置を採用。サウンドホール上に1本、下側には2本のハーモニックバーが配されていますが、その一番下側の一本は低音側から高音側に向かって斜めに下がってゆくように設置、そして左右対称9本の扇状力木とその先端をボトム部で受け止めるように配置された2本のクロージングバーという全体構造。レゾナンスはG#~Aに設定されています。

ブラジリアンローズウッド(ハカランダ)を横裏板に使用した外観は威容があり、全体的に渋く落ち着いた音色はこのブランドならではの特徴的な滋味を湛えており心地よい響き。洋の東西を問わず個性的な音色として確立したものと言えるでしょう。

裏板に2箇所割れの補修履歴があります。その他は全体に塗装の経年による干割れがありますが、40年を経た楽器としては傷は少なめとなっています。ネックはほんの若干の順反りですが演奏上、適正な範囲で安定しています。フレットはやや摩耗していますがこちらも現状で演奏性に問題ありません。ネックは通常の厚みのDシェイプ。糸巻きはヘフナー社製を装着しています。








定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  242,000 円
注文数 :   


株式会社アウラ
〒110-0004
 東京都台東区下谷
 3-3-5アズール上野2F

TEL 03-3876-7207
FAX 03-3876-7206
営業時間 11:00-19:00
 (定休日:毎週水曜日)