ギターショップアウラ
ようこそ ゲスト さま
会員登録 ログイン カート お気に入り
英語版カタログ
ギターサロン
アウラ音楽院
アクセス
お問い合わせ
トップ > ギターカテゴリー > 輸入クラシック オールド
輸入クラシック オールド   写真をクリックするとさらに大きなカタログ写真が表示されます。
製作家/商品名 ロベール・ブーシェ Robert Bouchet SOLD OUT
品番 Number No.16
001_000_bouchet_03_151
弦長 Scale Length 650mm
国 Country フランス France
製作年 Year 1951年
表板 Top スプルース単板 spruce
裏板 Back & Sides 楓 Maple
備考 Notes 〔製作家情報〕
1898年フランスのパリ生まれ。本業の画家としても名声と地位を確立していた彼は1932年ごろから趣味でギター演奏を始めると共に、近くあったフリアン・ゴメス・ラミレスの工房に足しげく通うことになり、徐々に製作にも興味を示す様になりました。
その後1946年には師の影響下、トーレスモデルの製作を開始。その後少しずつ独自の作風を確立し生涯154本の名作を生み出したことは良く知られています。
トーレスモデルからの変遷期にあたる1959年ごろには、プレスティとラゴヤの所有する楽器を製作し、一躍世界にその名を知られる存在になった時期と言えますが、この作品もブーシェ独自の気品ある滋味深い奥行きの有る音色で、まさに銘器と呼ぶに相応しい風格を持つ逸品と言えます。

〔楽器情報〕
横裏板が楓材のブーシェの中でも数本しかない楽器です。初期の作品でトーレスモデルになっています。裏板に割れ修理はありますが、表面板に割れなく良好な状態です。
ネック反りなく弦高弾きやすく調整されています。
音の伸びバランス良好で音はトーレスの響きを持ちながらブーシェ独特の渋い音質も感じられます。
すみずみまで音楽的ニュアンスにあふれ、力強さと繊細さ、ダイナミックな振幅、鋭敏な反応性など、ブーシェ初期の傑作と言える1本です。



品切れ 定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。

製作家/商品名 マルセロ・バルベロ I 世  Marcelo Barbero I   SOLD OUT
品番 Number
001_015_barbero_1_03_154
弦長 Scale Length 655mm
国 Country スペイン Spain
製作年 Year 1954年
表板 Top スプルース単板 spruce
裏板 Back & Sides 中南米ローズ単板 South American rosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕
ラミレスII世の職工であった彼は名工サントス・エルナンデスの死後、その腕が認められ、未亡人からの要請によりビウダ(未亡人)ラベルのサントスを製作する事になった。保存してあった材料や作りかけの楽器を用いて、未亡人のアドバイスの下、製作を進める。その事によりサントスの後継者となり、それ以降サントスの設計を基調とした楽器を製作した。
また彼はその温かい人柄を慕い訪れてくる多くの製作家達に、惜し気もなく製作のアドバイスをした事でも良く知られている。

〔楽器情報〕
表面板、横裏板に割れ修理がありますが、適切な修理が施されており演奏には全く問題は有りません、ネックは僅かに順反りの理想的な状態で弦高弾き易く調整されております。
音はやや軽めながら、しなやかながら高音引き締まり低音重厚で奥行きのある味わい深い音質で、伸びやかに鳴っています。
殆ど出回らない、もっとも評価の高い1950年代の大変貴重な作品です。

糸巻:フステーロ (スペイン製)

品切れ 定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。

製作家/商品名 イグナシオ・フレタ・エ・イーホス Ignacio Fleta e Hijos
品番 Number No.874
001_019_fletahijos_2_03_167
弦長 Scale Length 650mm
国 Country スペイン Spain
製作年 Year 1987年
表板 Top 杉単板 cedar
裏板 Back & Sides ローズウッド単板 Indian rosewood
備考 Notes [製作家情報]
その豪放かつ濃密な音色と鳴りで現在でもコンサートギターの定番の一つとなっているブランド。フランスの弦楽器工房で学び、ヴァイオリン、チェロなどの製作で確かな成果を残しながらも、1950年代に名手セゴビアの演奏に触れたことがきっかけでギター製作に完全に転向した1世。実際に彼の製作したギターはマエストロの手に渡り、演奏に使用されることになります。その後二人の息子達、フランシスコとガブリエルが製作に加わり、ラベルには‛e hijos’と加えて表記されるようになりました。
1977年に1世亡き後も兄弟はそのラベルのまま製作を続け、極めて高いクオリティを維持しながら、このブランド独自の美学を発展させていきました。

[音色]
本作は1987年の作。70年代以降ある意味でトレードマークとなっている杉材を使用。
太く濃密で、ロマンティックでいながら透徹としたクラシカルな響きは、1世が弦楽器の製作から体得した音響美学が通底しているのではとうかがわせるもの。フレタならではの壮麗と繊細さが十全に味わえる逸品。80年代出色の一本。
ステージでも威力を発揮するパワー、しっかりした低音と華やかな高音が魅力的です。

[楽器情報]
多少キズは有りますが、オリジナルセラック塗装、オリジナル糸巻ですあまり弾かれて無い印象で、音も若く良好な状態です。

糸巻き:オリジナルフレタ型フステーロ(スペイン製)
塗装:オリジナルセラックニス

定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。

製作家/商品名 イグナシオ・フレタ・エ・イーホス Ignacio Fleta e Hijos 
品番 Number No.426
001_019_fletahijos_2_03_167_01
弦長 Scale Length 650mm
国 Country スペイン Spain
製作年 Year 1967年
表板 Top スプルース単板 spruce
裏板 Back & Sides 中南米ローズ South American rosewood
備考 Notes [製作家情報]
フレタ1世(1897~1977)と二人の息子フランシスコとガブリエルとの共作。このブランドを愛用した、または現在も愛用し続けている数々の名手たちの名を挙げるまでもなく、20世紀後半以降を代表する銘器の一つとして、いまも不動の人気を誇っています。もともとはフレタ1世がフランス人Fellipe Ludecの弦楽器工房でチェロなどのヴァイオリン属の製作に従事していましたが、名手セゴビアの演奏に触れたことがギター製作への転向にきっかけになりました。当初はIgnacio Fletaラベルで出荷され、1965年製作のNo.359よりラベルには「e hijos」と記されるようになります。1977年の1世亡き後も、また2000年代に入りフランシスコとガブリエルの二人も世を去ったあともなお、「Ignacio Fleta e hijos」ラベルは継承され、現在は1世の孫にあたるガブリエル・フレタが製作を引き継いでいます。

[楽器情報]
1世とその息子たちによる共作。良質な松材と柾目のハカランダを使用。内部構造は9本の扇状力木をボディ下部でハの字型の力木で受ける配置に、サウンドホールの上下にそれぞれ2本のハーモニックバー(そのうち扇状力木に一番近いものは高音側に向かって傾斜するように配置)、駒内側に補強板を施したフレタ独特の作りです。表面板下部の低音側に割れ補修(埋木と部分塗装によるタッチアップ)があります。裏板に若干傷がございますが、年代考慮すると相応のものと言えます。ネック、フレット、糸巻き等の状態は問題ございません。

参考動画:演奏 アレクシス・バジェホス

定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。

製作家/商品名 マルセロ・バルベロ・イーホ Marcelo Barbero Hijo
品番 Number パラ・カサ・アルカンヘル
001_021_barberohijo_2_03_02
弦長 Scale Length 650mm
国 Country スペイン Spain
製作年 Year 1987年
表板 Top スプルース単板 spruce
裏板 Back & Sides 中南米ローズ South American rosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕名工マルセロ・バルベロの直系として、又アルカンヘルの弟子として名を馳せた彼ですが、13歳の時、父バルベロ一世が他界。最初はJ.ラミレスの工房に修行に出る等、幼少の頃から苦労を重ねて来ました。その後父の弟子にあたる名工アルカンヘルに師事しするようになり、1990年頃にはサントス、バルベロ、アルカンヘル、バルベロ・イーホと繋がるスペインギター製作の王道に相応しい名器を作り上げるようになりました。そして将来アルカンヘルから伝統を引き継ぐ者として、確固たる名声を築きあげましたが、2005年1月に病魔に襲われ惜しくも亡くなりました。

〔楽器情報〕表面板の高音側駒下~下部までの割れ修理が一箇所ありますが、他はかなり綺麗な状態で、バルベロ・イーホらしい極上材が使われています。ネックはやや順反りと理想に近い状態で弦高弾き易く調整されています。
また、糸巻は採寸してロジャースに特注したもの(オリジナルのフステロも付属)が取り付けられています。

〔音質〕父と同じく早世した彼の楽器は、甘みを抑えた深みのある暖かい滋味あふれた音が特徴です。

【演奏動画】


定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。

製作家/商品名 マルセロ・バルベロ・イーホ Marcelo Barbero Hijo 
品番 Number アウラオリジナルモデル
001_021_barberohijo_2_03_197
弦長 Scale Length 650mm
国 Country スペイン Spain
製作年 Year 1997年
表板 Top スプルース単板 spruce
裏板 Back & Sides ローズウッド単板 Indian rosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕
真のマドリッド派のひとりとして、ますます評価、人気共に高まりを見せるバルベロ・イーホ後期の作品。彼の実直な性格そのままに、常にスペインの伝統性とクラシック楽器としての高い音楽的表現力を備えた楽器を作り続けてきました。後期になるほどにその完成度は高まっていきました。

〔特徴〕
当楽器においては彼の持ち味である「人間的な」あたたかさをより感じさせ、渋いながらもしっかりと艶やかでロマンティックな響きが非常に魅力的な一本となっています。師であるアルカンヘルと同様に、しかるべきタッチで弾かないとその表現力の高さは十全に発揮できないギターゆえ、楽器が演奏者を選ぶようなところがあります。しかしこれぞマドリッド!と言いたくなる強固な精神性を感じさせてくれる稀有な楽器と言えるでしょう。

〔楽器情報〕
当店では彼の師匠となるアルカンヘル・フェルナンデスとの直接の交流もあり、早くからその楽器を日本に紹介してきました。
ここに紹介するのは早すぎる晩年に近づく彼が、製作センスの高まりをますます見せて、師に続く名工の誕生を期待させていた時期のもの。師同様に弾き手を選ぶ楽器といわれ、簡単には弾きこなせないところはありますが、抜けが良く、重厚で洗練された響きはやはり非常な魅力を放っています。

アウラオリジナルモデルでヘッド形状、口輪、ラベルがオリジナルとなっており、横裏板はローズ材です。
傷は多少目立ちますが割れなくオリジナルセラック塗装の状態です。
ネック反りなく弦高大変弾き易く調整されています。
音は柔らかめで艶と甘さがあり、バランス、伸びとも秀逸で大変良い響きの楽器です。

[動画]
ソナタK.34(D.スカルラッティ) 


定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。

製作家/商品名 マルセロ・バルベロ・イーホ Marcelo Barbero Hijo
品番 Number アウラオリジナルモデル No.35
001_021_barberohijo_2_199
弦長 Scale Length 650mm
国 Country スペイン Spain
製作年 Year 1999年
表板 Top スプルース単板  spruce
裏板 Back & Sides 中南米ローズ South American rosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕
名工マルセロ・バルベロの直系として、又アルカンヘルの弟子として名を馳せた彼ですが、13歳の時、父バルベロ一世が他界。最初はJ.ラミレスの工房に修行に出る等、幼少の頃から苦労を重ねて来ました。その後父の弟子にあたる名工アルカンヘルに師事しするようになり、1990年頃にはサントス、バルベロ、アルカンヘル、バルベロ・イーホと繋がるスペインギター製作の王道に相応しい名器を作り上げるようになりました。そして将来アルカンヘルから伝統を引き継ぐ者として、確固たる名声を築きあげましたが、2005年1月に病魔に襲われ惜しくも亡くなりました。

〔楽器情報〕
アウラオリジナルモデル。
表面板と裏板に爪傷等有りますが、オリジナルセラック塗装の良好な状態です。
ネック良好で弦高弾き易く調整されれています。
音は伝統のマドリッド派の楽器らしく引き締まった高音と重厚な低音にスペインの色合いのある音質で良く鳴っています。

糸巻:フステーロ トレド金細工 

定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。

製作家/商品名 ホセ・ルイス・ロマニリョス 1世 J. L. Romanillos Ⅰ   SOLD OUT
品番 Number La Alcolea
001_101_romanillosJL_1_03_178
弦長 Scale Length 650mm
国 Country スペイン Spain
製作年 Year 1978年
表板 Top スプルース単板 spruce
裏板 Back & Sides ローズウッド単板 Indian rosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕
1932年スペイン マドリッド生まれ。
10代の頃は同地の家具製作工房で働き、1956年にイギリスに移住。移住した当初は病院で働いていましたが、1961年に純粋にプライベート用として独学でギターを製作します。1969年には名手ジュリアン・ブリームの知己を得て、彼はロマニリョスの非凡な才能をすぐに見抜き、自身の敷地内に工房を作らせて製作家として独立することをすすめます。数々の名器を所有していた中でも、ロマニリョス1973年製のギターは長年ブリームのお気に入りの一本となった事は良く知られています。また大変な碩学としても知られ、スペインギター製作家事典を著すほか、名著の誉れ高い「アントニオ・デ・トーレス」を上梓するなど執筆業でも高い評価を得ているほか、後進の指導にも力を入れており、毎年ギター製作の講習会を息子のリアム、G.オルディゲスやS.リーズをアシスタントにして開催していた事でも有名です。ブランドは1991年より息子のリアムが共同作業に正式に加わり、ラベルもJose Luis Romanillos&Son に変更、現在に至っています。

〔楽器情報〕
1978年作。製作家のキャリアの中でも特に1970年代後半から1980年代は人気の高い時期になっています。トーレス=ハウザーを規範とした造りはここでも踏襲されていると言えますが、特に硬質でストイックともいえる透徹とした音響はハウザーを思わせます。レゾナンスはG~G#で設定。ボディは小さく薄めですが音にはしっかりとしたコシの強さがあり、鳴りも不足ありません。ヘッドシェイプはトーレス。弾き傷、塗装のくすみ等有りますが、塗装はオリジナルセラックと思われます。年代考慮すると良好な状態。ネック良好で弦高弾き易く調整されています。

品切れ 定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。

製作家/商品名 エドガー・メンヒ I 世 Edgar Monch I
品番 Number 1966/10
001_Emonch_2_02_166
弦長 Scale Length 650mm
国 Country ドイツ Germany
製作年 Year 1966年
表板 Top スプルース単板 spruce
裏板 Back & Sides 中南米ローズウッド South American rosewood
備考 Notes [製作家情報]
ハウザーと並び20世紀のドイツ最大の巨匠の一人。1950年代から60年代半ばまではミュンヘンで製作をし、1965年にカナダのトロントに移住して工房を開きます。その後再びドイツへと戻り製作を続けていましたが、70年代後半に悲劇的な死を遂げます。ミュンヘン時代にはハウザー2世と共同製作をしていたこともあり、一時期闘塗装を担当したりなどしていました。ハウザーと比するとマーケットでの価値はやや下に位置付けられてしまいますが、その透徹した音響の完成度、演奏性、音楽的表現力はまさに比類なく、真の名器だけが持つクオリティと気品を備えています。
 
[楽器情報]
本作はトロントに移住した直後の作。中期から後期にかけてはインディアン・ローズウッド仕様のものが多かった中で、美しい中南米ローズで製作家された貴重な一本。単音でのクリアな響き、和音での分離と雑味の無さ、ドイツ的な重厚さを過不足なく備えた逸品です。若き日のジョン・ウィリアムスやジュリアン・ブリームが愛用し、セゴビアがプライベートでの演奏用に使用していたのは有名な話。
全面塗り替えてあり綺麗な状態です。ネック反りなく弦高弾き易く調整されています。音はバランス、伸び良く、奥深い音質で1世の中でも傑作ではと思います。

[音色]軽く柔らかで透明な音質でドイツギターらしい格調高さと、スパニッシュな風合いが感じられる音色です。


定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。

製作家/商品名 ガマリエル・ヤコピ Gamaliel Yacopi
品番 Number
001_Gyacopi_1_03_146
弦長 Scale Length 650mm
国 Country スペイン Spain
製作年 Year 1946年
表板 Top スプルース単板 spruce
裏板 Back & Sides 中南米ローズ単板 South American rosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕
ガマリエル・ヤコピ(1878~1951)。イタリアに生まれ、アルゼンチン人の妻とともにスペインに移住、その後1949年に妻の故郷であるアルゼンチンのサン・フェルナンドに移住し同地に工房を開き、ここで亡くなるまで製作を続けました。日本でも人気の高いホセ・ヤコピは彼の息子にあたります。ギター以外でもヴァイオリンやビウエラなども製作し、エミリオ・プジョールも彼の楽器を所有していました。アントニオ・デ・トーレスをその製作の規範とし、ボディ形状から力木配置までほぼそのオリジナルを踏襲したモデルを作り続けていましたが、1947年に息子のホセと共に独自の研究による改良を行います。通常サウンドホールからブリッジ方向に放射するように配置される扇状力木を、ボディ下部からサウンドホールに向かって逆に放射するような独特の配置を採用。これは息子ホセのその後のギターにもそのまま採用されることになり、ヤコピブランドの特徴的な構造とされています。しかしながら音色や響きはやはりトーレス的な、深く、柔らかで、滋味あふれるものとなっており、その素朴な味わいがマニアからは高い評価を得ていました。現在市場に出る本数は非常に少なく、古き良きスパニッシュギターの雰囲気を備えた最後のものとしても、貴重なギターと言えるでしょう。

〔楽器情報〕
1946年作。彼がアルゼンチンに渡る前の、第2次大戦直後の非常に不安定な政情の中で製作された1本です。公式には1947年に逆放射型の扇状力木を発案したとありますが、本作にて既にその構造が採用されていることから、そのもっとも最初に作られたギターと考えられます。レゾナンス(ウルフトーン)はFに設定されており、重心が低く乾いた太い低音となんともまろやかな高音とのバランスが大変に魅力的な一本。ボディサイズ等全体的なデザインはトーレスを踏襲しており、やや小ぶりで手になじむネックの感覚も日本人にはうれしいサイズ感覚でしょう。発音の反応も良く、まさにスパニッシュヴィンテージならではの味わいが得られるギターとなっています。

表面板に割れ修理履歴が数ヵ所有ります。表面板は薄く加工されているため弦の張力による若干の湾曲が生じていますが、演奏性には影響なく、現状でそのまま使用可能な状態となっています。ネック、フレット、糸巻き、ナット、サドル等の演奏性に直接かかわる部分も問題なく、また弦高は低めに調整されているので非常に弾き易く設定されています。ドイツ製GEWAハードケース付き。

新入荷 定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。


株式会社アウラ
〒110-0004
 東京都台東区下谷
 3-3-5アズール上野2F

TEL 03-3876-7207
FAX 03-3876-7206
営業時間 11:00-19:00
 (定休日:毎週水曜日)