ギターショップアウラ
ようこそ ゲスト さま
会員登録 ログイン カート お気に入り
英語版カタログ
ギターサロン
アウラ音楽院
アクセス
お問い合わせ
トップ > ギターカテゴリー > 古楽器
古楽器   写真をクリックするとさらに大きなカタログ写真が表示されます。
製作家/商品名 フランソワ・ラウドロフ Francois Roudhloff演奏動画あり
モデル/品番 Model/No.
001_FRoudhloff_03_1835
弦長 Scale Length 648mm
国 Country フランス France
製作年 Year 1835年
表板 Top 松単板 Spruce
横裏板 Back & Sides 中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
付属品 Option 軽量ケース 赤
備考 Notes
ネック:材不明
指 板:材不明
塗 装:不明
糸 巻:木ペグ
弦 高:1弦 3.4mm/6弦 4.0mm

〔製作家情報〕
Francoise Roudlhoff(1781~1849)。フランス、17世紀から続くヨーロッパ屈指の弦楽器の街ミルクールMirecourtで、最も多産で良質な楽器を生産していた18~19世紀に活躍した弦楽器工房 Roudolhoff一族の一人。父親はJean Roudlhoff(1733~1806)でフランソワは4人兄弟の末っ子になります。もともとドイツ出身の家系で、生まれはドイツ国境に近いストラスブール。ミルクールで弦楽器職人として修業を重ね、1811年に同じく弦楽器工房を営むMauchant一族の娘Anne Charlotte Mauchantと結婚し、独立した工房を立ち上げます。楽器には2人の連名の刻印がされ、当時パリを中心に販路を拡げてゆきます。ミルクールを含むいわゆるFrench Schoolのロマンティックギターの中でもやはり特別な存在となり、「天鵞絨のような独特の質感を持つ」と言われたその音色とエレガントな外観ゆえ、現在でも古楽器愛好家の注目を集めるブランドとなっています。ちなみに彼の甥にあたるDominique(1798~1843)とArnould の兄弟はロンドンに移住して同地でD&A Roudlofとして工房を立ち上げ、ギター史上では初めてとされるXブレーシング構造を採用したギターを開発するなど、その後のC.F.Martinに続く重要な優れたギターを世に出しています。


〔楽器情報〕
フランソワ・ラウドルフ製作のロマンティックギター、おそらく1830年頃の作と思われます。
糸巻きは木ペグ。ファブリカトーレに代表的なナポリタン式の指板(12F以降の表面板に黒檀を埋め込む方式)を採用し、大きな同心円状のきわめてインパクトのあるロゼッタと対照させたデザインはやはり秀逸。ブリッジには牛骨サドルが設置されており、弦のエンドはブリッジピンによる固定。内部構造は表板4本、裏板3本、すべて同じ形状で加工されたバーが設置されています。表面板、横板、裏板ともに割れ数か所の補修履歴があり、接着後に内側より布による補強が施されています。

表面板と横板との接合部に設置されたライニングにROUDLHOFFの刻印があります。

音はロマンティックギターとしては非常な迫力があり、小柄なボディからは不釣り合いなほどに豊かで力強い鳴りを備えています。上記のような修理履歴等ありますがオリジナルのエレガンスは十分に保持し、19世紀フレンチスクールの質の高さを十分に楽しめる一本。






定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。

製作家/商品名 ブレイス・マス Blaise Mast
モデル/品番 Model/No.
003_blaiseM_03_1800
弦長 Scale Length 650mm
国 Country フランス France
製作年 Year 1800年頃
表板 Top 松単板 Spruce
横裏板 Back & Sides 楓単板 Maple
付属品 Option ハードケース付属
備考 Notes
ネック:不明
指 板:エボニー
塗 装:表:オイルヴァーニッシュ 横・裏:不明
糸 巻:木ペグ
弦 高:1弦  3.0mm/6弦 3.0mm

Instagram


〔製作家情報〕
Laurent Blaise[Blaise Mast](1783~1857)。フランス、弦楽器製作で有名な地Mirecourtに近いPoussayで弦楽器製作を行っていたBlaise一族の一人で、父親はJean Baptiste Blaise(1748~1815)。ヴァイオリン、ギターをはじめ豪奢で高度に芸術的なデザインのハープギターやリラギターなども製作しており、そのカテゴリ―は多岐に渡っています。ギターではボディ内部に'Blaise Mast a Paris'と刻印されており、これは当時実際にパリでの普及がメインであったことと、当時Mirecourtのブランドに共通していた‛a Paris'と刻印(印字)することでブランドの宣伝的な役割を果たしていたことの両方の意味があると考えられます。フランス弦楽器製作の中心地Mirecourtの重要ブランドであるBlaiseは同時代の製作家たちにも多大な影響を与えていたと伝えられています。※Mirecourtには他にJoseph Laurent Mastの名で有名な楽器がありますが、これはBlaise一族とは別のMast一族の系統のもので別の工房になります。

〔楽器情報〕
1800年代初期のものと思われるギターです。バロックギターから19世紀ギターへのまさに変遷の中にあることを感じさせる趣で、木工の高い造作技術の他、白蝶貝を象嵌したロゼッタやパーフリングは繊細な手が細部まで行き届いており、洒脱な意匠も含めさすがにフランス随一の弦楽器工房の作と思わせる出来栄え。

表面板内部構造はサウンドホール上下のハーモニックバーのみ。ほとんど大きな修理等は施されずほぼオリジナルに近い状態かと思われますが、上質な材と高い工作精度ゆえか木部の歪み等少なく大変に良好な状態を維持しています。バロックの薫りを豊かにたたえ、その素朴で滋味あふれる響きがなんとも魅力的な19世紀ギターとなっています。


定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。

製作家/商品名 中野 潤 Jun Nakano演奏動画あり
モデル/品番 Model/No. 19c ロマンティックギター(ラコートモデル)
005_001_nakanoJ_02_212
弦長 Scale Length 630mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 2012年
表板 Top スプルース
横裏板 Back & Sides 楓 Maple
付属品 Option 専用ハードケース 青
備考 Notes
ネック:楓
指 板:エボニー
塗装:セラック
糸 巻:木ペグ
弦 高:1弦 3.0 mm/6弦 4.0 mm

〔製作家情報〕
1966年 長野県松本市生まれ。 1989年よりメキシコに留学した折、サンミゲルの地でギター製作家のルシオ・ヌーニョス氏と出会い、製作を志す様になりました。その後1992年より石井栄氏に師事。1996年にはスペインに留学してグラナダにてアントニオ・マリンに師事、 帰国後に独立し、松本に自らの工房を開設しました。独立後はグラナダの伝統的な工法を用いた製作を開始し、その後も再度渡欧してホセ・ルイス・ロマニリョスのマスタークラスにも参加、その折に触れたトーレスに感化を受けて製作した、精度の高いトーレスモデルの作品で、高い評価を得ています。

〔楽器情報〕
中野氏としては比較的珍しい19世紀ロマンティックギター レプリカモデル 2012年製Used 状態良好の美品が入荷致しました。様式的に見ておそらくフランスのルネ・フランソワ・ラコートのギターを踏襲したものですが、中野氏らしい剛健さが加わった仕上がりとなっており、まずはその外観の優美ながら力強い佇まいに目が奪われます。横裏板とネック材には美しいフレイムメイプルを使用し(裏板は内側に松材を貼り付けた二重仕様)、ロゼッタとパーフリングなどの意匠は黒系色で統一、ロゼッタには中野氏が得意とする白蝶貝の精緻な象嵌が控えめにあしらわれ、これらが白く輝くようなボディとの鮮やかな対照となっています。また極めて繊細なセラックによる仕上げは上品な艶を全体にまとわせて、ラコートの滋味とは異なる新鮮さを感じさせます。板はやや厚めに加工されており、またネックも厚みをもったCシェイプでしっかりとしたグリップ感、このためここでもオリジナルラコートの優美さとは異なる、ロマンティックギターとしては硬質な音色となっています。

内部構造もラコートの代表的なラダーブレーシングシステムでいわば表面板、裏板ともにバーのみを設置(表面板のほうの一本は斜めに傾斜して配置しておりこれもオリジナルに準拠)。レゾナンスはD# の少し上という設定です。

表面板やや弾き傷見られますが微細なもので外観を損ねるものではありません。その他割れなど大きな修理履歴もなく、ネック、フレットなどの状態もほぼ完ぺきな状態。糸巻は木ペグですが現状でスムースな機能性を維持しており、継続しての使用に問題ございません。ブリッジはピンブリッジ仕様になっており、こちらも現状で摩耗等なくご使用に問題ございません。

中野氏の個性がさりげなく表れた気品ある19世紀ギター、専用ハードケース付きでのお渡しとなります。






新入荷 定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。


株式会社アウラ
〒110-0004
 東京都台東区下谷
 3-3-5アズール上野2F

TEL 03-3876-7207
FAX 03-3876-7206
営業時間 11:00-19:00
 (定休日:毎週水曜日)