ギターショップアウラ
ようこそ ゲスト さま
会員登録 ログイン カート お気に入り
英語版カタログ
ギターサロン
アウラ音楽院
アクセス
お問い合わせ
トップ > ギターカテゴリー > 古楽器
古楽器   写真をクリックするとさらに大きなカタログ写真が表示されます。
製作家/商品名 フランソワ・ラウドロフ Francois Roudhloff演奏動画あり
モデル/品番 Model/No.
001_FRoudhloff_03_1835
弦長 Scale Length 648mm
国 Country フランス France
製作年 Year 1835年
表板 Top 松単板 Spruce
横裏板 Back & Sides 中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
付属品 Option 軽量ケース 赤
備考 Notes
ネック:材不明
指 板:材不明
塗 装:不明
糸 巻:木ペグ
弦 高:1弦 3.4mm/6弦 4.0mm

〔製作家情報〕
Francoise Roudlhoff(1781~1849)。フランス、17世紀から続くヨーロッパ屈指の弦楽器の街ミルクールMirecourtで、最も多産で良質な楽器を生産していた18~19世紀に活躍した弦楽器工房 Roudolhoff一族の一人。父親はJean Roudlhoff(1733~1806)でフランソワは4人兄弟の末っ子になります。もともとドイツ出身の家系で、生まれはドイツ国境に近いストラスブール。ミルクールで弦楽器職人として修業を重ね、1811年に同じく弦楽器工房を営むMauchant一族の娘Anne Charlotte Mauchantと結婚し、独立した工房を立ち上げます。楽器には2人の連名の刻印がされ、当時パリを中心に販路を拡げてゆきます。ミルクールを含むいわゆるFrench Schoolのロマンティックギターの中でもやはり特別な存在となり、「天鵞絨のような独特の質感を持つ」と言われたその音色とエレガントな外観ゆえ、現在でも古楽器愛好家の注目を集めるブランドとなっています。ちなみに彼の甥にあたるDominique(1798~1843)とArnould の兄弟はロンドンに移住して同地でD&A Roudlofとして工房を立ち上げ、ギター史上では初めてとされるXブレーシング構造を採用したギターを開発するなど、その後のC.F.Martinに続く重要な優れたギターを世に出しています。


〔楽器情報〕
フランソワ・ラウドルフ製作のロマンティックギター、おそらく1830年頃の作と思われます。
糸巻きは木ペグ。ファブリカトーレに代表的なナポリタン式の指板(12F以降の表面板に黒檀を埋め込む方式)を採用し、大きな同心円状のきわめてインパクトのあるロゼッタと対照させたデザインはやはり秀逸。ブリッジには牛骨サドルが設置されており、弦のエンドはブリッジピンによる固定。内部構造は表板4本、裏板3本、すべて同じ形状で加工されたバーが設置されています。表面板、横板、裏板ともに割れ数か所の補修履歴があり、接着後に内側より布による補強が施されています。

表面板と横板との接合部に設置されたライニングにROUDLHOFFの刻印があります。

音はロマンティックギターとしては非常な迫力があり、小柄なボディからは不釣り合いなほどに豊かで力強い鳴りを備えています。上記のような修理履歴等ありますがオリジナルのエレガンスは十分に保持し、19世紀フレンチスクールの質の高さを十分に楽しめる一本。






新入荷 定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。

製作家/商品名 ルイス・パノルモ Louis Panormo演奏動画あり
モデル/品番 Model/No. #900
001_Lpanormo_1_03_1828
弦長 Scale Length 635mm
国 Country イギリス England
製作年 Year 1828年
表板 Top 松単板 Spruce
横裏板 Back & Sides 中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
付属品 Option 専用ハードケース付属
備考 Notes
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:セラック
糸巻き:ランス
ナット:象牙
サドル:エボニー
弦 高:1弦 2.6mm/6弦 3.6mm


【製作家情報】
ルイス・パノルモ Louis Panormo(1784 Paris~1862 New Zealand)はフランスのルネ・フランソワ・ラコート、イタリアのジェンナロ・ファブリカトーレと並び19世紀ギター(ロマンティックギター)の最も主要なブランドの一つとされている、イギリス、ロンドンに工房とショップを構えていた弦楽器メーカーです。
父親のVicenzo Trusiano Panormo(1734~1813) の4人兄弟の末子として生まれ、そのうち次男ジョゼフ(1768~1837)とジョージ(1776~1852)と彼らの息子たちも楽器製作に携わり一族による一大弦楽器ブランドを形成してゆきます。父親のVicenzoはイタリア、シチリア生まれでまさに激動の時代の中イタリア、フランス、イギリス、アイルランドと生涯にわたって移動を続けながら主に弦楽器と管楽器を製作。ルイスは家族がパリに滞在していた時に生まれましたが、フランス革命の混乱を避け一家は1790年にロンドンに移住します。同様に革命によるヨーロッパの混乱を避けて多くに移民がイギリスに流れ、産業革命による需要の増大などの相乗があり、同地で安定した経営をスタートさせます。

ギター製作家としてのルイスの本格的なキャリアは父親が亡くなる1813年頃からで、1817年にブルームズベリーにショップを開きます。この後さらに数店を開業し兄たちが製作した楽器も販売。1859年に彼がニュージーランドに移住した後は甥であるジョージ・ルイス・パノルモ(1814~1877)がブランドを引継ぎ、1855年から1872年にかけて製作された楽器は彼によって製作されたものとしてラベル付けされました。

ルイス・パノルモの初期のギターはフランス式の工法で製作されており、一般的に楓の裏板と横板、黒く塗られたネックとヘッド、表面板の力木はラコートに代表されるような木目と垂直の方向に数本が配置されたいわゆるラダーブレーシングが特徴。またこの時期には「Panormo Fecit」(Panormo製) とブルームズベリーの住所がラベルには印字され、1820年代後半ごろからいわゆる扇状力木配置によるギターを製作し始めてからラベルは「Louis Panormo」名義となり、「Guitars In The Spanish Style」と記載されるようになります。ただしこの2種類のラベルはある時期まで並行して使用されており、それゆえ「Louis Panormo」名義のものは本人作で、「Panormo Fecit」ラベルのものは工房製だと言われることもありますが、これは定かではありません。トーレス以前にこの扇状力木配置を採用していたことで、ロマンティックギターとモダンギターをつなぐその歴史的な重要性が認識されています。ボディは19世紀ギターの典型的なサイズながらふっくらと奥行きのある発音と豊かな音量が特徴で、また特徴的なヘッドシェイプはその後現代にいたるまで19世紀ギターレプリカにしばしば採用されることになる人気のデザインとなりました。

ギタリストであり作曲家であったフェルナンド・ソルが当時イギリスを訪れた際、ルイスの兄ジョゼフに製作の助言を与えたとされています。


【楽器情報】
ルイス・パノルモ 19世紀ギター(ロマンティックギター)の1828年製 #900 です。「900 Panormo Fecit Anno.1828 London 26 High Street Bloomsbery」とラベルに記載されており、いわゆるスペイン式であることを明記したものではありませんが、内部構造はまさしくサウンドホール上下に1本ずつのハーモニックバー、そしてサウンドホールの真下から扇状に拡がる7本の力木配置という、まさにスペイン方式で造られています。響きは深くしかしはっきりとした発音で、19世紀ギターとしてもどこか洗練された感触があります。レゾナンスはCに設定。

表板の指板脇低音側に1箇所、ブリッジ下に2箇所割れ補修履歴がありますがいずれも適切な処理がされており仕様には全く問題ありません。糸巻きは「RANCE」製の非常に上質なもので、BAKER製更には現代のRodgers製まで繋がる見事な機能性と様式美を備えており、こちらも現在の使用にまったく問題ございません。つまみは象牙を使用しています。
裏板、横板に傷は多少ありますが、特に割れ履歴等なく、製作年を考えると素晴らしく良い状態です。裏板はこちらも非常に上質な年米産ローズウッドを使用。当時の演奏スタイル(立奏)が主であったので胴底にストラップ用のエンドピンが装着され、ネックヒール部分と裏板ボトム部分にそれぞれ1個ずつ衣服に固定するためのピンが装着されています。ナットは象牙、サドルは黒檀仕様。ブリッジプレートは左右に真珠母貝が埋め込まれた涙型の飾りが付けられており、弦固定はブリッジピン方式となっています。経年による木材のゆがみなどがほとんどなく現在の演奏性も申し分のない、トータルクオリティ的に非常に優れた一本です。

ケースは国内メーカーにより本器に合わせてカスタムされたハードケース。






定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。

製作家/商品名 ブレイス・マス Blaise Mast
モデル/品番 Model/No.
003_blaiseM_03_1800
弦長 Scale Length 650mm
国 Country フランス France
製作年 Year 1800年頃
表板 Top 松単板 Spruce
横裏板 Back & Sides 楓単板 Maple
付属品 Option ハードケース付属
備考 Notes
ネック:不明
指 板:エボニー
塗 装:表:オイルヴァーニッシュ 横・裏:不明
糸 巻:木ペグ
弦 高:1弦  3.0mm/6弦 3.0mm

Instagram


〔製作家情報〕
Laurent Blaise[Blaise Mast](1783~1857)。フランス、弦楽器製作で有名な地Mirecourtに近いPoussayで弦楽器製作を行っていたBlaise一族の一人で、父親はJean Baptiste Blaise(1748~1815)。ヴァイオリン、ギターをはじめ豪奢で高度に芸術的なデザインのハープギターやリラギターなども製作しており、そのカテゴリ―は多岐に渡っています。ギターではボディ内部に'Blaise Mast a Paris'と刻印されており、これは当時実際にパリでの普及がメインであったことと、当時Mirecourtのブランドに共通していた‛a Paris'と刻印(印字)することでブランドの宣伝的な役割を果たしていたことの両方の意味があると考えられます。フランス弦楽器製作の中心地Mirecourtの重要ブランドであるBlaiseは同時代の製作家たちにも多大な影響を与えていたと伝えられています。※Mirecourtには他にJoseph Laurent Mastの名で有名な楽器がありますが、これはBlaise一族とは別のMast一族の系統のもので別の工房になります。

〔楽器情報〕
1800年代初期のものと思われるギターです。バロックギターから19世紀ギターへのまさに変遷の中にあることを感じさせる趣で、木工の高い造作技術の他、白蝶貝を象嵌したロゼッタやパーフリングは繊細な手が細部まで行き届いており、洒脱な意匠も含めさすがにフランス随一の弦楽器工房の作と思わせる出来栄え。

表面板内部構造はサウンドホール上下のハーモニックバーのみ。ほとんど大きな修理等は施されずほぼオリジナルに近い状態かと思われますが、上質な材と高い工作精度ゆえか木部の歪み等少なく大変に良好な状態を維持しています。バロックの薫りを豊かにたたえ、その素朴で滋味あふれる響きがなんとも魅力的な19世紀ギターとなっています。


定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  お問い合わせ下さい。


株式会社アウラ
〒110-0004
 東京都台東区下谷
 3-3-5アズール上野2F

TEL 03-3876-7207
FAX 03-3876-7206
営業時間 11:00-19:00
 (定休日:毎週水曜日)