ギターショップアウラ
ようこそ ゲスト さま
会員登録 ログイン カート お気に入り
英語版カタログ
ギターサロン
アウラ音楽院
アクセス
お問い合わせ
トップ > ギターカテゴリー > 国産クラシック 新作
国産クラシック 新作   写真をクリックするとさらに大きなカタログ写真が表示されます。
製作家/商品名 中野 潤 Jun Nakano演奏動画あり
品番 Number 90号 トーレスモデル(SE72)
005_001_nakanoJ_01_219
弦長 Scale Length 650mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 2019年
表板 Top 松単板 Spruce
裏板 Back & Sides 中南米ローズウッド South American Rosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕
1966年 長野県松本市生まれ。 1989年よりメキシコに留学した折、サンミゲルの地でギター製作家のルシオ・ヌーニョス氏と出会い、製作を志す様になりました。その後1992年より石井栄氏に師事。1996年にはスペインに留学してグラナダにてアントニオ・マリンに師事、 帰国後に独立し、松本に自らの工房を開設しました。独立後はグラナダの伝統的な工法を用いた製作を開始し、その後も再度渡欧してホセ・ルイス・ロマニリョスのマスタークラスにも参加、その折に触れたトーレスに感化を受けて製作した、精度の高いトーレスモデルの作品で、高い評価を得ています。

〔楽器情報〕
名工アントニオ・デ・トーレス SE72 モデルとされていますが、氏の他のレプリカモデル同様にオリジナルのコピーにとどまらない、非常に個性的な味わいを持ったギターとなっています。外観においてはまずトーレスモデルと言っては誰もが想起するヘッドシェイプも中野氏のオリジナルデザイン。またひときわ目を引くロゼッタは白蝶貝とメイプルによる美しい象嵌があしらわれており、ステージに於けるフォトジェニック性も追及されています。音色もスペイン伝統的なものをしっかりと踏襲し、トーレス的な素朴さも感じさせつつも実に迫力があり、やはりステージでの使用性の高さが追及されています。ブレーシングはトーレス的な左右対称の7本の扇状力木を胴底でハの字型に配置された2本に力木が受け止める構造。レゾナンスはGに設定されています。ブリッジ弦穴は3ホール仕様。糸巻きはライシェル ゴールドを搭載。


Leonardo Bravo(レオナルド・ブラーボ)演奏*

定価(税込) : 990,000 円 販売価格(税込) :  891,000 円
注文数 :   

製作家/商品名 中野 潤 Jun Nakano
品番 Number 80号 ブーシェモデル
005_001_nakanoJ_01_219_01
弦長 Scale Length 650mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 2019年
表板 Top スプルース単板 Spruce
裏板 Back & Sides 中南米ローズウッド単板 South American rosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕
1966年 長野県松本市生まれ。 1989年メキシコに留学した折、サンミゲルのギター製作家ルシオ・ヌーニョス・ナバ氏と出会い、製作を志すようになりました。帰国後1992年より長野のギター製作家石井栄氏に師事。1996年にはスペインに留学、グラナダにてアントニオ・マリン・モンテロに師事。帰国後、松本に自らの工房を開設、マリンから学んだグラナダの伝統的な工法でギター製作を開始します。その後も再度渡欧してホセ・ルイス・ロマニリョスのマスタークラスにも参加、その折に触れたアントニオ・デ・トーレスのギターに深く感化され、トーレスモデルの製作も開始。その製作哲学ごと受け継ぎながら独自の個性をもった極めて精度の高いトーレスモデルは、国内外のプロギタリストから高い評価を得ています。

〔楽器情報〕
中野氏によるブーシェコピーモデル。オリジナルが持つ音色や佇まいの気品さえもが見事に1本のギターとして昇華された、同様のモデルの中でも屈指の1本です。表面板には良質なイタリアンスプルース、横裏板はマダガスカルローズウッドヘッド仕様。口輪は1969年製のブーシェNo.127のデザインを採用。力木は5本の扇状配置に駒下のトラヴェルスバーでオリジナルに準拠した構造。レゾナンスはAに設定されています。糸巻きはGotoh製。

*

品切れ 定価(税込) : 880,000 円 販売価格(税込) :  836,000 円

製作家/商品名 尾野 薫 Kaoru Ono演奏動画あり
品番 Number 80号 ハウザー1世 No.319
005_001_onoK_01_221_319
弦長 Scale Length 645mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 2021年
表板 Top 松単板 Spruce
裏板 Back & Sides ローズウッド単板 Indian Rosewood
備考 Notes [製作家情報]
1953年生まれ中学生の頃からギターを弾き始め、大学の木材工芸科在学中その知識を活かして趣味でギター製作を開始。1980年にグラナダの巨匠アントニオ・マリンの弟子であるアルベルト・ネジメ・オーノ(禰寝孝次郎)氏にスペインの伝統的な工法を学び、本格的なギター製作の道を進むことになります。その後も伝統的な製作技法にこだわり、2001年にはスペインで名工ホセ・ルイス・ロマニリョスが主宰する製作講習会にも参加。またアントニオ・マリンからも製作技術についての指導を受け、来日したアルカンヘル・フェルナンデスにも製作上の貴重なアドヴァイスと激励を受けています。尾野氏の特徴は何といってもその独自の科学的な考察に基づいた極めて理論的なスペイン伝統工法の解析と自身の楽器製作における実践であり、楽器個体それぞれの最良の鳴りを追求した結果のその透徹した見事な音響バランス、そして雑味の無い透明な美しい響きにあります。そして音響だけでなく細部にまで行き渡った精緻な造作と繊細な塗装による外観の気品はやはり比類なく、トータルクオリティにおいて現在国内最高峰と言える完成度をもった楽器を製作しています。年間製作本数は約10本程。2020年にはフランスの出版社Camino Verde刊 Orfeo Magazine No.15で彼のインタビューと楽器が紹介されました。


〔楽器情報〕
製作家が常に追求している音響の精確性、あるべき発音、ギターとしての表現力の高さ、そしてそれらを達成するための必然的な結果としての緻密で美しい造作。氏の秀逸なライナップのなかでこれらを最も円満に体現するもとしてまずは筆頭に挙げられるハウザー1世モデル、2021年新作の入荷です。

ハウザー独特のストイックにコントロールされた音の指向性と粘りを持った硬質な響き、透徹とした繊細極まりない音色は今回の新作でも十全に聴くことができます。モダンギター的な音量の増幅よりも、音響の洗練を極めることで最弱音でも非常な遠達性を備え、結果それが指先の微細なタッチの変化にも対応しうる自在な表現力をも達成しています。それゆえに奏者にはしかるべき高度なタッチの精錬が要求されるギターですが、フィットした時の音楽的充実度はやはり他では得られないものでしょう。

内部構造はサウンドホール上側に2本、下側に1本のハーモニックバー、7本の左右対称の扇状力木にそれをボトム部で受け止める2本のクロージングバー、ブリッジの真下位置にはパッチ板が貼られており、まさしくハウザー1世セゴビアモデルの基本構造となっています。レゾナンスはGの少し上に設定。ネックはやや丸みのある厚めのDシェイプ。糸巻はスローン製を装着しています。



品切れ 定価(税込) : 880,000 円 販売価格(税込) :  792,000 円

製作家/商品名 尾野 薫 Kaoru Ono
品番 Number 80号 ロマニリョスモデル No.324
005_001_onoK_01_221_324
弦長 Scale Length 645mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 2021年
表板 Top 松単板 Spruce
裏板 Back & Sides ローズウッド単板 Indian Rosewood
備考 Notes ネック:セドロ/ヘッド:メープル
指 板:エボニー
横 板:メープル
塗 装:セラック
糸 巻:スローン(つまみ:スネークウッド)
弦 高:1弦 3.0mm/6弦 4.0mm


[製作家情報]
1953年生まれ。中学生の頃からギターを弾き始め、大学の木材工芸科在学中その知識を活かして趣味でギター製作を開始。1980年にグラナダの巨匠アントニオ・マリンの弟子であるアルベルト・ネジメ・オーノ(禰寝孝次郎)氏にスペインの伝統的な工法を学び、本格的なギター製作の道を進むことになります。その後も伝統的な製作技法にこだわり、2001年にはスペインで名工ホセ・ルイス・ロマニリョスが主宰する製作講習会にも参加。またアントニオ・マリンからも製作技術についての指導を受け、来日したアルカンヘル・フェルナンデスにも製作上の貴重なアドヴァイスと激励を受けています。尾野氏の特徴は何といってもその独自の科学的な考察に基づいた極めて理論的なスペイン伝統工法の解析と自身の楽器製作における実践であり、楽器個体それぞれの最良の鳴りを追求した結果のその透徹した見事な音響バランス、そして雑味の無い透明な美しい響きにあります。そして音響だけでなく細部にまで行き渡った精緻な造作と繊細な塗装による外観の気品はやはり比類なく、トータルクオリティにおいて現在国内最高峰と言える完成度をもった楽器を製作しています。年間製作本数は約10本程。2020年にはフランスの出版社Camino Verde刊 Orfeo Magazine No.15で彼のインタビューと楽器が紹介されました。


〔特徴〕
尾野氏のラインナップの中では比較的珍しいロマニリョスモデル、久々の入荷です。サウンドホール上下のハーモニックバーを垂直に貫くようにサウンドホール左右両側それぞれ2本の力木が平行に配され、扇状力木は左右対称に7本を配置、それを胴底部分でハの字型に受け止める構造で、ホセ・ルイス・ロマニリョス著「Making a Spanish Guitar」の中ではPlan1として掲載されているものと同じ。オリジナルを忠実に規範としています。レゾナンスはF#~Gに設定されています。ロゼッタなどの意匠的な細部は氏のオリジナルで、いつもながらの精緻かつ審美的センスにあふれた仕上がりは見事。裏板は良質なインディアンローズウッドのセンターに美しいバーズアイメイプルをあしらったスリーピース仕様、ヘッドプレートにもフレイムメイプルをあしらい、松の表面板、ローズウッド、メイプルの3色が気品のある調和なして実に優雅な外観となっています。

音響面でも基音と倍音のバランスに優れた極めて透徹した響きが完成されており、全体が実にクラシカルで上品な味わいにあふれ、この点においても尾野氏の正統性を如実に表していると言えます。やや低めに設定されたレゾナンスゆえ、全体に重心が低くゆったりとした深みを感じさせ、とても心地よい響き。もちろん発音のレスポンスと音量の豊かさの面でも素晴らしく、最も充実したロマニリョスモデルの一つと言えるでしょう。ネックシェイプは厚めのDシェイプタイプ。糸巻きはスローン製を装着。


定価(税込) : 880,000 円 販売価格(税込) :  792,000 円
注文数 :   

製作家/商品名 尾野 薫 Kaoru Ono演奏動画あり
品番 Number 80号 オリジナルモデルNo.325
005_001_onoK_01_221_325
弦長 Scale Length 645mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 2021年
表板 Top 松単板 Spruce
裏板 Back & Sides ローズウッド単板 Indian Rosewood
備考 Notes [製作家情報]
1953年生まれ中学生の頃からギターを弾き始め、大学の木材工芸科在学中その知識を活かして趣味でギター製作を開始。1980年にグラナダの巨匠アントニオ・マリンの弟子であるアルベルト・ネジメ・オーノ(禰寝孝次郎)氏にスペインの伝統的な工法を学び、本格的なギター製作の道を進むことになります。その後も伝統的な製作技法にこだわり、2001年にはスペインで名工ホセ・ルイス・ロマニリョスが主宰する製作講習会にも参加。またアントニオ・マリンからも製作技術についての指導を受け、来日したアルカンヘル・フェルナンデスにも製作上の貴重なアドヴァイスと激励を受けています。尾野氏の特徴は何といってもその独自の科学的な考察に基づいた極めて理論的なスペイン伝統工法の解析と自身の楽器製作における実践であり、楽器個体それぞれの最良の鳴りを追求した結果のその透徹した見事な音響バランス、そして雑味の無い透明な美しい響きにあります。そして音響だけでなく細部にまで行き渡った精緻な造作と繊細な塗装による外観の気品はやはり比類なく、トータルクオリティにおいて現在国内最高峰と言える完成度をもった楽器を製作しています。年間製作本数は約10本程。2020年にはフランスの出版社Camino Verde刊 Orfeo Magazine No.15で彼のインタビューと楽器が紹介されました。

〔特徴〕
尾野薫氏製作のオリジナルモデルです。トーレス、ハウザー、ロマニリョスの構造的原理、音響のシステムを長年研究し、その上での自身の製作哲学の一つの帰結として製作されています。その音響は透徹を極め、非常に高度なバランスを達成しており、西洋音楽の厳密な構造とも呼応しうる厳しさも併せもっています。音色は明るめでぬくもりがあり、氏のもう一つの人気モデルであるハウザーモデル等と比較すると、弾き手も包まれるような音の指向性があり、スパニッシュギター的な特徴を備えたモデルと言えるでしょう。内部構造は左右対称7本の扇状力木を配置し、その両端の力木がサウンドホール下のハーモニックバーをトンネル状に通過してサウンドホールの縁まで延びており、さらにそこから別の力木がサウンドホール上のハーモニックバーに伸びてゆくように配置。ボトム部分は7本の扇状力木を受け止めるクロージングバーが配位置され、ブリッジの真下の位置にはパッチ板が貼られています。もちろん造作の精緻さと完成の細やかさはここでも十全に表れており、その気品ある外観もまた非常な魅力となっています。ネックはやや厚めのDシェイプタイプ。レゾナンスはG~G#に設定されています。糸巻はスローン製を装着。



定価(税込) : 880,000 円 販売価格(税込) :  792,000 円
注文数 :   

製作家/商品名 尾野 薫  Kaoru Ono演奏動画あり
品番 Number 100号 トーレスモデル No.307
005_01_onoK_01_219_307
弦長 Scale Length 645mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 2019年
表板 Top スプルース単板 spruce
裏板 Back & Sides 楓 Maple
備考 Notes [製作家情報]
中学生の頃からギターを弾き始め、大学の木材工芸科在学中その知識を活かして趣味でギター製作を開始。1980年頃よりアントニオ・マリンの弟子のアルベルト・ネジメに師事し、 スペインの伝統的な工法を学び、本格的に製作を始ました。その後も伝統的な製作技法にこだわり、2001年にはスペインに渡り、ロマニリョスの製作講習会にも参加するほか、アルカンヘル・フェルナンデスにも製作上の貴重なアドヴァイスと激励を受け、現在もスペイン伝統工法を科学的に考察し理論的に解析研究し製作を続けています。年間製作本数は多い時で10本程度と少なく、透明な音と伸びバランス、音の分離等秀逸で弾けば弾くほど手放せなくなるギターです。

〔特徴〕
クラシックギターの祖でありこのジャンルのストラディヴァリと評されるアントニオ・デ・トーレスのギターを、美しい楓材を横裏板とヘッドプレートに使用して製作したモデルです。楓特有の芯の硬い、しかしながらその感触は真綿のような独特の音質が十全に活かされ、古雅と洗練とが同居した唯一無二のギターに仕上がっています。氏の製作の基本ともいえる倍音の絶妙な統制による透徹した音響はここでも十全に備わっており、単音そして和音での雑味のない音響は実に心地よく、それが音色の上品さへとつながっています。やや小型なボディと645mmの弦長設定、弦の張りも中庸となっており特に手の小さな方や握力の弱めな方にもおすすめ。造作の精度も極めて高く、工芸品としての美しさもまた特筆すべき一本。レゾナンス(ウルフトーン)はG#に設定されています。
※ほぼ同時に入荷の同じ楓仕様のトーレスモデルとは弦長の他、ヘッドプレートのセンターインレイと、ブリッジプレートの象牙ドットインレイの有無でデザインが異なります。



品切れ 定価(税込) : 1,100,000 円 販売価格(税込) :  1,045,000 円

製作家/商品名 尾野 薫  Kaoru Ono演奏動画あり
品番 Number 80号 ブーシェモデル No.321
005_01_onoK_01_220_321
弦長 Scale Length 650mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 2020年
表板 Top スプルース単板 Spruce
裏板 Back & Sides ローズウッド単板 Indianrosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕
中学生の頃からギターを弾き始め、大学の木材工芸科在学中その知識を活かして趣味でギター製作を開始。1980年頃よりアントニオ・マリンの弟子のアルベルト・ネジメに師事し、スペインの伝統的な工法を学び、本格的に製作を始めました。その後も伝統的な製作技法にこだわり、2001年にはスペインに渡り、ロマニリョスの製作講習会にも参加するほか、アルカンヘル・フェルナンデスにも製作上の貴重なアドヴァイスと激励を受け、現在もスペイン伝統工法を科学的に考察し理論的に解析研究し製作を続けています。年間製作本数は多い時で10本程度と少なく、透明な音と伸びバランス、音の分離等秀逸で弾けば弾くほど手放せなくなるギターです。

〔特徴〕
形式としてだけのレプリカではなく、オリジナルであるロベール・ブーシェ(1898~1986)の音響美学とじかに対峙し、尾野氏自身のセンスで絶妙な現代性をまとわせた見事なブーシェモデル、待望の新作です。個人的な親交のあった故稲垣稔氏の所有するブーシェをモデルとし、この稀代の名器の良き弾き手であったギタリストとの会話により深めていった理解が、このモデルの完成度の高さに大きく寄与していることは間違いないでしょう。まろやかで重厚な響きに誰もがブーシェ的な特徴を感じながらも(尾野氏自身はこれをパイプオルガン的な響きと言っていますが)、あくまでも各音は凛と引き締まり、オリジナルでももしかしたら聴くことのできないほどの透徹した、ある種の厳しさをまとっているところに、尾野氏ならではの個性が表れていると言えます。

内部構造は左右対称の5本の扇状力木に駒下の位置に配されたトランスバースバーというブーシェの特徴的な配置。レゾナンスもオリジナルと同じAの少し上に設定されています。糸巻きはスローン製を装着。



定価(税込) : 880,000 円 販売価格(税込) :  792,000 円
注文数 :   

製作家/商品名 田邊 雅啓 Masahiro Tanabe
品番 Number 130号 ラ・エンペラトリス モデル
005_02_tanabe_01_216
弦長 Scale Length 650mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 2016年
表板 Top スプルース spruce
裏板 Back & Sides 中南米ローズウッド単板 South American rosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕
1974年群馬県生まれ。幼少の頃より音楽と工作に深い興味を持ち続け、20歳の時にクラシックギターの製作を志す。 法政大学卒業と同時に石井栄に師事して製作技法を学び、同工房にて自作品として140本近くを製作。 その後2001年に渡欧して各地の弦楽器工房を訪問すると共に、ホセ・ルイス・ロマニリョスのマスタークラスに参加し、 スペインギターの伝統的な製作方法に触れたことで自らの方向性を確信する。 帰国後に栃木県足利市に独立して工房を構え、マスタークラスで出会った尾野薫にアドバイスを受けながら製作研究に一年余を費やし、 2002年にその後の彼のメインモデルの一つとなるロマニリョスモデルを発表。 その後2004年に再度渡西した折には、同地の名工達の工房を訪ね更に見識を深め、特にアルカンヘルからは助言と共にその製作姿勢に多大な影響を受けている。 師の教えを実直に守り、ひたすらに良い音を求めるその製作態度を貫き、年間わずか5~7本前後と製作本数が限られるため、現在新作が最も待ち望まれる製作家の一人である。 どんな細部も揺るがせにしない緻密で繊細な手と、持って生まれたしなやかな感性で製作された彼の楽器は、 伝統に深く立脚しながらも新たな音響のニュアンスを感じさせる作品として高く評価され、2018年にはNHKの人気番組で工房での製作風景が放映された他、 新聞や海外のギター専門誌からの取材オファーを受けるなどメディアからも注目されている。

*

〔楽器情報〕表面板はハウザーから、横裏板はアルカンヘルから譲り受けた最高品質の材料を用い、今回はトーレスが1884年に製作した“エンペラトリス”(女帝)を基本に製作した会心の作品。
口輪、ヘッド、裏板、バインディングの飾りも“エンペラトリス”を基本にした凝った美しい仕上がりとなっていて、長年研究を続けているA.D.トーレスの研究が隅々まで行き渡った美しい作品に仕上がっています。
 

糸巻:ロジャース



品切れ 定価(税込) : 1,430,000 円 販売価格(税込) :  1,358,500 円

製作家/商品名 田邊 雅啓 Masahiro Tanabe演奏動画あり
品番 Number 100号 トーレスモデル No.260
005_02_tanabe_01_220
弦長 Scale Length 650mm
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 2020年
表板 Top スプルース単板 Spruce
裏板 Back & Sides 中南米ローズウッド単板 South American rosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕
1974年群馬県生まれ。幼少の頃より音楽と工作に深い興味を持ち続け、20歳の時にクラシックギターの製作を志す。 法政大学卒業と同時に石井栄に師事して製作技法を学び、同工房にて自作品として140本近くを製作。 その後2001年に渡欧して各地の弦楽器工房を訪問すると共に、ホセ・ルイス・ロマニリョスのマスタークラスに参加し、 スペインギターの伝統的な製作方法に触れたことで自らの方向性を確信する。 帰国後に栃木県足利市に独立して工房を構え、マスタークラスで出会った尾野薫にアドバイスを受けながら製作研究に一年余を費やし、 2002年にその後の彼のメインモデルの一つとなるロマニリョスモデルを発表。 その後2004年に再度渡西した折には、同地の名工達の工房を訪ね更に見識を深め、特にアルカンヘルからは助言と共にその製作姿勢に多大な影響を受けている。 師の教えを実直に守り、ひたすらに良い音を求めるその製作態度を貫き、年間わずか5~7本前後と製作本数が限られるため、現在新作が最も待ち望まれる製作家の一人である。 どんな細部も揺るがせにしない緻密で繊細な手と、持って生まれたしなやかな感性で製作された彼の楽器は、 伝統に深く立脚しながらも新たな音響のニュアンスを感じさせる作品として高く評価され、2018年にはNHKの人気番組で工房での製作風景が放映された他、 新聞や海外のギター専門誌からの取材オファーを受けるなどメディアからも注目されている。

〔楽器情報〕
製作家自ら、ポテンシャルの最高のものを具現化することができたと言う1本。トーレスモデルですが、実際に規範としたのはフランスの名工ロベール・ブーシェの初期のもので、トーレス=ブーシェ タイプとも言えるモデルです。ブーシェ本人が残した製作メモをその手稿から仔細に研究し、可能な限り忠実に再現したとのこと。本作の左右対称の7本の扇状配置力木で、その両外側の2本がサウンドホール下のハーモニックバーを貫通しサウンドホール縁取りまで伸びている構造。サウンドホール両側に外側に向かうように斜めに一本ずつの力木配置、ボディ下部にはハノ字型にクロージングバーが配されています。レゾナンスE~Fに設定。

音色はまさにトーレスがもし新品だったらと想像を喚起せずにはおかないもので、6弦全ての絶妙な分離感、適度なサスティーン、和音での雑味のなさなど音響的なバランス感が見事。また曲を演奏した時にはそのポリフォニックな立体感が際立ち、低音、中低音、高音それぞれがしっかりと歌うように響きます。音量と反応も申し分なく、撥弦するその指先から直に立ちあがってくるような生々しさがありながら、ヴィンテージ程に乾いた感触ではなく、適度な硬質と粘りが心地よい、むしろ清冽とさえいえる音響となっています。

表面板は最高級ドイツ松、横裏板は厳選し美しいマダガスカルローズウッドで裏板はスリーピース仕様。口輪、ヘッド、バインディングの飾りもこの製作家ならではの繊細かつ美しいものとなっていて、長年研究を続けているトーレス的な意匠センスが細部までゆきわたった作品に仕上がっています。

※当楽器は2020年3月に海外専門誌に掲載予定のため、ご購入決定後に一旦お渡しを4月以降まで保留とさせていただく場合がございます。何卒ご理解ご了承のほどお願い申し上げます。店頭でのご試奏は承っておりますので詳しくはスタッフまでお申し付けください。



品切れ 定価(税込) : 1,100,000 円 販売価格(税込) :  1,045,000 円

製作家/商品名 田邊 雅啓 Masahiro Tanabe
品番 Number 100号 サントスモデルNo.266
005_02_tanabe_01_221
弦長 Scale Length 650
国 Country 日本 Japan
製作年 Year 2021年
表板 Top 松単板 Spruce
裏板 Back & Sides 中南米ローズウッド単板 South American rosewood
備考 Notes 〔製作家情報〕
1974年群馬県生まれ。幼少の頃より音楽と工作に深い興味を持ち続け、20歳の時にクラシックギターの製作を志す。 法政大学卒業と同時に石井栄に師事して製作技法を学び、同工房にて自作品として140本近くを製作。 その後2001年に渡欧して各地の弦楽器工房を訪問すると共に、ホセ・ルイス・ロマニリョスのマスタークラスに参加し、 スペインギターの伝統的な製作方法に触れたことで自らの方向性を確信する。 帰国後に栃木県足利市に独立して工房を構え、マスタークラスで出会った尾野薫にアドバイスを受けながら製作研究に一年余を費やし、 2002年にその後の彼のメインモデルの一つとなるロマニリョスモデルを発表。 その後2004年に再度渡西した折には、同地の名工達の工房を訪ね更に見識を深め、特にアルカンヘルからは助言と共にその製作姿勢に多大な影響を受けている。 師の教えを実直に守り、ひたすらに良い音を求めるその製作態度を貫き、年間わずか5~7本前後と製作本数が限られるため、現在新作が最も待ち望まれる製作家の一人である。 どんな細部も揺るがせにしない緻密で繊細な手と、持って生まれたしなやかな感性で製作された彼の楽器は、 伝統に深く立脚しながらも新たな音響のニュアンスを感じさせる作品として高く評価され、2018年にはNHKの人気番組で工房での製作風景が放映された他、 新聞や海外のギター専門誌からの取材オファーを受けるなどメディアからも注目されている。

〔楽器情報〕
田邊雅啓氏にとって初めてとなるサントス・エルナンデスモデル。1936年製のオリジナルのサントスを実地に検分研究し、そこにいつもながら氏独自の考察と感性とを注ぎ込んで造り上げており、スペインの名品が高度に洗練されて蘇ったかのようなギターとなっています。全体にやや硬質で粘りのある音のレスポンスが心地よく、単音での雑味のない凛とした音像、和音での分離とまとまり、低音から高音にかけての音響的フェーズ感の自然な移り変わりなど、スペインヴィンテージの特徴を十全に備えながら、同時に高度な現代性も備えているところは氏ならではと言えるでしょう。田邊氏曰くオリジナルの1936年モデルはサントス=トーレスタイプともいえるもので、左右対称の7本の扇状配置力木に、ボトム部で2本のハの字型のクロージングバーという配置。レゾナンスはFの少し下に設定されています。

このレプリカモデルではそのトーレス的な要素に留まらず、サントスを継承したマルセロ・バルベロ1世、そしてアルカンヘル・フェルナンデスまでに至る系譜を跡づけるようなアプローチを田邊氏は試みており、その豊饒な伝統のエッセンスを凝縮した本器は、この製作家の深い矜持を感じさせるとともに異様な迫力さえも備えた見事な逸品となっています。

極めて良質な材が選定されており、全面セラック塗装による美しい仕上げと相まって上品な外観。ネックシェイプはフラットなD-シェイプ。糸巻きはスローン製を装着。


品切れ 定価(税込) : 1,100,000 円 販売価格(税込) :  1,045,000 円


株式会社アウラ
〒110-0004
 東京都台東区下谷
 3-3-5アズール上野2F

TEL 03-3876-7207
FAX 03-3876-7206
営業時間 11:00-19:00
 (定休日:毎週水曜日)