ギターショップアウラ
ようこそ ゲスト さま
会員登録 ログイン カート お気に入り
英語版カタログ
ギターサロン
アウラ音楽院
アクセス
お問い合わせ
トップ >  サーチ一覧 > サーチピックアップ
キーワード :  コンデ・エルマノス アトーチャ 1966年

製作家/商品名 コンデ・エルマノス Conde Hermanos
区分 category 輸入フラメンコ オールド
010_001_conde_02_166
品番 Number アトーチャ工房
弦長 Scale Length 660mm
国 Country スペイン Spain 
製作年 Year 1966年
表板 Top 松単板 Spruce
裏板 Back & Sides ローズウッド単板 Indian rosewood
備考 Notes ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:ラッカー
糸 巻:シャーラー
弦 高:1弦 2.2mm/6弦 2.5mm


〔製作家情報〕
数多いスペインのフラメンコギターブランドの中でも、定番のブランドとされるコンデ・エルマノス。ブランドの始まりは名工ドミンゴ・エステソ(1882~1937)亡きあと、彼の教えを直接受けた甥のファウスティーノ・コンデとその弟達マリアーノとフリオがエステソの工房を引継ぐところまで遡る。兄弟3人でコンデ・エルマノス(エルマノスは兄弟の意)ブランドとして独立したあとやがて3人がそれぞれの工房をグラヴィーナ、アトーチャ、フェリーぺに展開することとなり、エステソの伝統を汲みながらも独自のフラメンコギターを製作するようになります。1980年代の終わりに3人が相次いでこの世を去り、彼らの息子達が工房を引継いだ後も「コンデ・エルマノス」ブランドとしてそれぞれの工房で展開していきますが、2010年にマリアーノの二人の息子がそれぞれ個人名であるフェリーぺ・コンデとマリアーノ・コンデ(2世)として独立し最も精力的に製作を行っていることから、現在ではこの2ブランドがメディア的にはコンデブランドの継承とされています。しかしながら比較的ルシアー的な要素を抑えて一般向けのスタンダードなモデルを出荷し続けていたアトーチャ工房も、フリオの娘とその孫娘へと運営が継承され、現在も安定した製作を続けています。
コンデギターはあのパコ・デ・ルシアが愛奏していることをはじめとし、まさに名だたるフラメンコギタリストによって愛奏され、フラメンコギターファンには欠かすことのできないマストアイテムとなっています。


[楽器情報]
コンデ・エルマノス、アトーチャ工房品1966年製の黒モデル。松/インディアン・ローズウッド仕様で十分な弾き込みと経年により、程よくこなれて乾いた音色が楽しめる一本で、発音のレスポンスや音量、演奏性も不足のないギターとなっています。内部構造は7本の左右対称の扇状力木にボトム部のハの字型のクロージングバーという配置。レゾナンスはGの少し下に設定されています。年代相応のスクラッチ傷等ありますが、演奏性に関わる部分など全体に使用に関しての問題はなく即戦力として使える1本です。糸巻きはシャーラー製を装着。ヘッドシェイプは有名なメディア・ルナではなく、ドミンゴ・エステソを継承したもの。


定価(税込) : 時価 販売価格(税込) :  550,000 円
注文数 :   

株式会社アウラ
〒110-0004
 東京都台東区下谷
 3-3-5アズール上野2F

TEL 03-3876-7207
FAX 03-3876-7206
営業時間 11:00-19:00
 (定休日:毎週水曜日)