ギターショップアウラ
ようこそ ゲスト さま
会員登録 ログイン カート お気に入り
英語版カタログ
ギターサロン
アウラ音楽院
アクセス
お問い合わせ

どの製作家のどのモデルでも、材料やスペックのシミュレーションが出来ます。
製作家 → お好みのモデル → スペック を選択した後、ご質問等ありましたら 【お問合わせ】ボタンを押してお問合せください。
価格、納期等を含め、メールにて御案内致します。
尾野 薫 Kaoru Ono
田邊 雅啓 Msahiro Tanabe
佐久間 悟 Satoru Sakuma
アルベルト・ネジメ・オーノ Alberto Nejima Ohno
禰寝 碧海 MARIN NEJIME
栗山 大輔 DAISUKE KURIYAMA
清水 優一 Yuichi Shimizu

我々製作家は、響板の厚み、力木の高さ、ネックの形状まで、全てにおいてコンマミリ単位で、感覚によって仕上げています。
その最終決定に加わる依頼者の存在と意思。
依頼者を思い歩み寄り作られた、世界に一つだけのギターがオーダーメイドの全てです。—-田邊雅啓

関連リンク
尾野 薫
尾野 薫
profile
1953年生まれ。中学生の頃からギターを弾き始め、大学の木材工芸科在学中その知識を活かして趣味でギターを製作。 その類まれな工作技術と音響に対するセンスは注目を集めており、愛好家達の要望に応えて27歳の時にプロ製作家としての本格的な活動を開始。 同時期にアルベルト・ネジメ(禰寝孝次郎)に師事し、彼からスペインギターの伝統的な工法を学ぶ。 その後渡西しアルベルト・ネジメの師であるグラナダの巨匠アントニオ・マリン・モンテロに製作技法についての指導を受け、 2001年には再びスペインに渡りホセ・ルイス・ロマニリョスの製作マスターコースも受講している。 さらにはマドリッドの名工アルカンヘル・フェルナンデスが来日の折にも製作上の貴重なアドバイスと激励を受ける等、 現代の名工達の製作哲学に直に接し学びながら、スペイン伝統工法を科学的に考察し理論的に解析研究してゆく独自の方法でギターを製作。 日本でのスペイン伝統工法の受容の歴史において、アルベルト・ネジメと並ぶ重要な製作家の一人として精力的な活動を展開している。 その楽器はあくまで伝統的な造りを基本としながら、十分な遠達性、バランス、倍音の統制において比類なく、極めて透徹した美しい響きを備えた、 現在国内のギター製作における最高の成果を成し遂げたものと言える。
対応モデル名
  ご要望のモデル名をクリック
TOP
田邊 雅啓
田邊 雅啓
profile
1974年群馬県生まれ。幼少の頃より音楽と工作に深い興味を持ち続け、20歳の時にクラシックギターの製作を志す。 法政大学卒業と同時に石井栄に師事して製作技法を学び、同工房にて自作品として140本近くを製作。 その後2001年に渡欧して各地の弦楽器工房を訪問すると共に、ホセ・ルイス・ロマニリョスのマスタークラスに参加し、 スペインギターの伝統的な製作方法に触れたことで自らの方向性を確信する。 帰国後に栃木県足利市に独立して工房を構え、マスタークラスで出会った尾野薫にアドバイスを受けながら製作研究に一年余を費やし、 2002年にその後の彼のメインモデルの一つとなるロマニリョスモデルを発表。 その後2004年に再度渡西した折には、同地の名工達の工房を訪ね更に見識を深め、特にアルカンヘルからは助言と共にその製作姿勢に多大な影響を受けている。 師の教えを実直に守り、ひたすらに良い音を求めるその製作態度を貫き、年間わずか5~7本前後と製作本数が限られるため、現在新作が最も待ち望まれる製作家の一人である。 どんな細部も揺るがせにしない緻密で繊細な手と、持って生まれたしなやかな感性で製作された彼の楽器は、 伝統に深く立脚しながらも新たな音響のニュアンスを感じさせる作品として高く評価され、2018年にはNHKの人気番組で工房での製作風景が放映された他、 新聞や海外のギター専門誌からの取材オファーを受けるなどメディアからも注目されている。
対応モデル名
  ご要望のモデル名をクリック
TOP
佐久間 悟
佐久間 悟
profile
1973年 長野県上田市生まれ 現在も上田市在住。
関西外国語大学スペイン語学科在学中より楽器製作に興味を持つ。
20歳で地元の製作家石井栄氏に指導を仰ぎ初めてのギターを作る。卒業後、会社員をしながら理想を求め独自に製作を続け、 2001年、スペインのシグエンサにてJ.L.ロマニリョスの講習会に参加、直接指導を受ける。
同講習会にアシスタントとして参加したG.オルディゲス等にもアドバイスを受け、 徹底した伝統工法に触発され、その後本格的に製作活動を開始、作品は一切妥協のない手作業によるもので、 そのふくよかで深みのある音色は早くも演奏家の注目を集めている。現在年間10本程度を製作。
対応モデル名
  ご要望のモデル名をクリック
TOP
アルベルト・ネジメ・オーノ
アルベルト・ネジメ・オーノ
profile
1952年生まれ。1979年にスペインに留学し、グラナダの名工アントニオ・マリンにギター製作を師事。 その期間は2年に及び、その間彼はほとんど家族の一員のようにして製作を共にし、 単に技法の習得だけではなくその土地の文化風土や人間性をも吸収しながらスペインの伝統工法を学んでいる。 帰国後に発表した彼の楽器は、感性的な領域にまで深くスペインのニュアンスを染み込ませた、 国内では初めての本格的なスパニッシュギターと評価されるようになり、1988年にはチェコスロバキア・クツナホラ国際ギター製作コンクールにてグランプリを受賞し、 国際的にもその実力は高く評価されている。 その他の追従を許さぬ美しく気品のある外観の仕上がりと、重厚かつ濃密で艶やかな音色と十分な遠達性を備えた作風は近年益々円熟味を加え、 師のアントニオ・マリン同様にマニア垂涎の楽器として、その評価は不動のものであると言っても過言では無い。また製作と同時に後進の指導や執筆活動にも尽力し、 第一回アマチュアギター製作コンテスト審査員、スペインにて第7回コリアギター講習会参加、ギター製作家in八郷審査員をつとめるなどのほか、 雑誌<現代ギター>に「君もギタービルダー」を連載、愛好家からの大きな反響を得て「スペイン式クラシックギター製作法」として書籍化されている。
対応モデル名
  ご要望のモデル名をクリック
TOP
禰寝 碧海
禰寝 碧海
profile
1986年生まれ。父である禰寝孝次郎の下でギター製作を学ぶ。幼少より音楽と工作に興味を持ち、 2009年自由学園を卒業後ギター製作に専心することを決意して何度かの訪西の後、 2012年9月より父の師匠でもあるアントニオ・マリン・モンテロに師事するために長期間グラナダに在住。「伝統」の重みへの深い敬意と飽くなき探求心、 そこへ個性を注ぎ込むことを躊躇しない若々しい冒険心とを併せ持った作風は、一作毎に新たな領域を切り拓いていると言っても過言ではなく、 近年ますますその評価が高まっている。 スペインギターの伝統的なニュアンスを色濃く感じさせる濃密でロマンティックな響きながらも、 どこかストイックな澄明さも同居しているところが彼のギターならではの新しさと個性である。またその外観は極めて美しく、 塗装技術においては斯界屈指とも言える父孝次郎とアントニオ・マリンの薫陶を受けた彼だけに、その完成度の高さは比類がない。 2017年にはグラナダで開催された国際ギターフェスティバルでのアントニオ・マリン・ギター製作コンクールに入賞。 同フェスティバルに参加していた名手ぺぺ・ロメロが彼のギターを激賞するなど、海外での今後の活躍も楽しみな若手の一人である。
対応モデル名
  ご要望のモデル名をクリック
TOP
栗山 大輔
栗山 大輔
profile
1981年生まれ。東京造形大学在学中に学んだ知識を活かし独学でギター製作を始め、卒業後の2003年に某大手楽器店に入社しクラシックギターの修理部門を担当。 そこで10年以上にわたり、数多くの国内外の入門用ギターから銘器までのあらゆる楽器を実地に触れる機会を得た。 その後リペアマンとして従事したその経験をふまえ、少数ながら自身の楽器製作も同時に進め、 やがてそれらの楽器はその作風と完成度の高さに注目した顧客や愛好家が継続的に購入してゆくようになって行った。 そしてその才能を高く評価していた或るギタリストが彼を尾野薫に紹介し、2010年より氏の工房にて直接指導を受ける様になると共に、 独立して本格的に製作の道を歩むことを決意。 トーレス~マヌエル・ラミレスの系譜を自身の製作の最高の規範と考え、 忠実にその本質に迫ろうとする彼のギターはどれも伝統の響きを如実に感じさせる極めて良質なものである。 現在年間6~8本ほどのペースで製作。 弾きやすく、反応性に優れ、伝統工法ならではの音楽的ニュアンスに満ちた楽器はクラシックのプロギタリストのみならず、様々なジャンルのユーザーに支持を拡げている。
対応モデル名
  ご要望のモデル名をクリック
TOP
清水 優一
清水 優一
profile
1980年東京都府中市生まれ。16歳の時に茶位幸信のギター製作教室に参加し、その後氏が校長を務めるフェルナンデスギター・エンジニアスクールに入学。 在学中に河野ギター製作所の桜井正毅に手紙を書き、これがきっかけとなり2000年に同製作所に入社して、製作技法を学ぶと共にギターと音楽についての見識を深めて行った。 2013年には退社後すぐにその探究心の赴くままスペイン各地を廻り、ホセ・ルイス・ロマニリョス、マヌエル・カセレス、アントニオ・マリン・モンテロ、イグナシオ・フレタらの工房を訪れ、 帰国後に禰寝孝次郎、尾野薫からのアドバイスや指導を受けながら、自身のラベルによる製作を開始する。様々なジャンルの音楽と文化に対する知的好奇心、 そして常に広く柔軟な視野を持ちながら、スペインギターの真髄に迫ろうとするその真摯な姿勢は常に揺らぐことはなく、 彼の楽器はもはや端倪すべからざる高みに達していると言える。現在は年間5本前後のペースで製作。 そのクラシカルで透徹した響きは音色にこだわりを持つユーザーから高い評価を得ており、 彼が河野ギター製作所時代に製作した作品をレゲエミュージック界最大の巨匠アール・チナ・スミスの長年愛用していることが、最近国内のギターマガジン誌上で大きく取り上げられ、 新たなファン層を拡大していることは記憶に新しい。
対応モデル名
  ご要望のモデル名をクリック
TOP







株式会社アウラ
〒110-0004
 東京都台東区下谷
 3-3-5アズール上野2F

TEL 03-3876-7207
FAX 03-3876-7206
営業時間 11:00-19:00
 (定休日:毎週水曜日)